医療、アプリでどこでも ベンチャーや大学が開発


  ~ベンチャーや大学が開発 禁煙、場所に合わせ指導/糖尿、病日々のデータ把握~

国内ベンチャーや大学、病院が協業でスマートフォンアプリの開発に乗り出すようです。この流れは見逃せないですね。
本リリース関連で、新しいアプリのリリースがありましたら、Welby Mediaに掲載していきますので、皆さまお楽しみにお待ちくださいませ。

【以下、記事より抜粋】
ーーーーーーーーーーーーー
 国内のベンチャー企業、大学、病院が病気の治療や予防に使うスマートフォン(スマホ)用アプリ(応用ソフト)の開発に乗り出す。「絶妙なタイミングで禁煙メッセージ」「入力データから高リスク者を検出」といったように、スマホのネットワーク性を活用する。手軽に持ち運べる情報端末として浸透したスマホを土台に医療が大きく変わる可能性がある。

 2014年11月に医薬品医療機器法(旧薬事法)が施行され、特定の病気の診断・治療・予防を目的とするソフトは医学的データを示して厚生労働省所管の医薬品医療機器総合機構(東京・千代田)から医療機器としての承認を得ることが必要になった。承認のないソフトは公に販売できなくなる一方で、「お墨付き」を得たソフトは医療機関が新たなツールとして採用しやすくなると期待されている。特に医師のチェックが届きにくい日常生活での行動に働きかけやすいといったメリットがある。

(中略)

健康管理支援のウェルビー(東京・千代田)と徳島大学の糖尿病臨床・研究開発センターは、糖尿病など生活習慣病の治療に使うアプリの開発に着手した。患者自身が血糖値や日々の行動をアプリで管理し、そのデータを電子カルテとともに一元管理することを基盤とする方針だ。

 病院や地域の診療所は患者の日々の入力値を参照しながら個別にメッセージを送ることで、生活改善に向けた意識づけとする。集まったデータから、自動的に病気になるリスクが高い人を抽出できるような仕組みも検討していく。
ーーーーーーーーーーーーー

出典:日本経済新聞

 


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス