高血圧と食塩の関係とは?


自分が「高血圧」と言われたら…。

原因は?と考えると思います。

高血圧の原因としては、食塩の過剰摂取、アルコールの過剰摂取、肥満症、ストレスや寝不足などの環境因子が関連し、血圧上昇を招きます。

さらに、加齢に伴い血管の柔軟性が失われていくため、動脈硬化が進み高血圧をきたしやすくなります。

また、血圧の調整はホルモンで行われており、レニン・アンジオテンシン系などのホルモンや交感神経の異常がある場合も高血圧を招きます。

今回は食塩と高血圧の関係についてフォーカスしたいと思います。

「食塩感受性」という言葉を聞いたことがありますか?

食塩と摂り過ぎると血圧が上がる「食塩感受性のある人」、食塩を摂っても血圧に変化を及ぼさない「食塩非感受性の人」がいることが分かっています。

日本において、高血圧患者さんの約4割程度の方が食塩感受性の高血圧であるといわれています。

この食塩感受性のメカニズムは不明とされていましたが、現在では研究がすすみ、遺伝子レベルで解明されつつあります。

しかし、自分が食塩感受性タイプか?食塩非感受性タイプか?どちらであるか調べることができるようになるのはまだ先のようです。

では、食塩を多く摂取すると血圧が上昇する仕組みについてまとめてみましょう。

身体には血液中のナトリウム(塩分)濃度を常に一定に保てるような機能があります。

ナトリウム濃度が低下した場合は、腎臓でナトリウムを再び吸収します。

逆にナトリウム濃度が高くなると腎臓から不要なナトリウムを捨てます。

しかし、食塩感受性タイプの人では、この腎臓でのナトリウムを排出する働きに支障が生じやすいと言われます。

食塩を多く摂取すると、腎臓の交感神経の活動が活発になって、塩分の排出を行う働きが妨げられることで、血液中のナトリウム濃度が上昇してしまうようです。

ナトリウムは水分と結びつきやすいので、血液の量が増加して、血圧が上昇すると考えられています。

一方で、食塩摂取量の影響を受けにくい食塩非感受性の方の場合は、血圧を調整するホルモンや交感神経の障害が原因となって高血圧を招いているようです。

いずれのタイプでも、健康増進のためには食塩の摂り過ぎには気をつけたほうが良さそうですね。

 


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス