日本IDDMネットワークが発症初期の1型糖尿病患者と家族をサポートする「希望のバッグ」を無料で配布

希望のバッグ

認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワークが、発症初期の1型糖尿病患者と家族にとって必要な情報が入った「希望のバッグ」を無料で配布しているそうです。

http://japan-iddm.net/first-time/bag_of_hope/

「希望のバッグ」には、1型糖尿病患者さんとそのご家族向けに、「専門医による医療情報冊子『1型糖尿病とその治療について最初に知ってもらいたいこと』」をはじめ、インスリン製剤の一覧や注射器や血糖測定器を入れるポーチ、また、学校、幼稚園、保育園などへの説明用パンフレットや、緊急時・災害時に自身が糖尿病患者であるというわかるストラップなどが入っているそうです。

ポーチのデザインは、キティちゃんか新幹線だそうです。

ご活用されてみてはいかがでしょうか。

詳しい情報は日本IDDMネットワークのホームページにてご確認下さい。

http://japan-iddm.net/first-time/bag_of_hope/

 

執筆者紹介

Welbyベアー
Welby Bear(ウェルビー ベアー)
Welby Media編集員
日々、医療者や患者さんと接しながら勉強中。
Welbyのサービスをより分かりやすく、より多くの人に伝えるために、頑張ります!


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス