崎陽軒の限定販売「カラダにおいしいお弁当」

崎陽軒弁当アイキャッチ

崎陽軒(本社・横浜市西区)と横浜労災病院“すまいるごはん♪プロジェクトチーム”がタッグを組み、“低カロリー・低塩分でありながら、食べておいしく、心も身体も満たされるお弁当”をコンセプトにお弁当を共同開発し、販売を開始しました。
横浜駅周辺の約25店舗のみの取り扱いで、12月21日までの場所も期間も限定のお弁当です。税込価格1,000円です。

弁当づくりのプロと医療のプロ、それぞれの知識と技術を融合させ、カロリー・塩分に目標値(550kcal以内、3.0g以内)を設定しながらも、彩り、食感、風味、食べ応え、バランスを実現させた、崎陽軒として初の試みから誕生したのが「カラダにおいしいお弁当(総重量373g、545kcal、食塩相当量3.0g)」です。食べておいしく、読んでためになるよう、掛け紙の裏面には、普段の生活でカラダにおいしい食生活を送るためのアドバイスも紹介しています。

今回の「カラダにおいしいお弁当」ですが、プロジェクトメンバーには、Welby Mediaの医師インタビューに登場いただいた松澤陽子氏(http://media.welby.jp/medicalworker/4557/)も参加されておられます。栄養と味のバランスの試行錯誤の繰り返しは大変苦労されたとのことです。それだけに完成されたこのお弁当は味の面でも、栄養の面でも自信作とのことです。インタビュー記事にもありますように、患者さんにいかに我慢しなくても生活をできる工夫をするかを一緒に考えてくださる先生の思いが詰まったお弁当なのではないかと思います。

期間も場所も限定なので、なかなか実際に口に出来る人は少ないかもしれませんが、横浜に行かれる際は、是非、立ち寄ってみてください。
普通のお弁当を食べる感覚で、ヘルシーなものを食べられるというのはありがたいですね。

崎陽軒弁当メニュー

詳細はこちら
崎陽軒のカラダにおいしいお弁当
http://www.kiyoken.com/products/obento/14karada.html

執筆者紹介

Welbyベアー

Welby Bear(ウェルビー ベアー)
Welby Media編集員

日々、医療者や患者さんと接しながら勉強中。
Welbyのサービスをより分かりやすく、より多くの人に伝えるために、頑張ります!


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス