ウェアラブルは6か月の壁を乗り越えられるか?

ジョギング縦

みなさんは活動量計等のウェアラブルは使われていますか?
日本でもウェアラブル市場は78億円に成長し、一般家庭にも浸透しつつあります。
参考:http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140213/333905/?rt=nocnt

私の友人には携帯電話の購入の際、セットで買ったという人が多い気がしています。
実際はギフトとしてもらう人が一番多く、全体の29%をも占めます。

しかし、入手したとしても使い続けるとは限らないようです。
約1/3の人が6か月以内に使用を辞めることもあきらかになっています。
参考:http://mobihealthnews.com/35697/wearable-device-adoption-is-growing-but-engagement-still-drops-after-six-months/

ウェアラブルの値段はどんどん下がっており、使いやすさも向上していると感じます。
どのようなものにすればユーザーは継続利用をし続けるのか。
今後各社の工夫に期待したいところです。

<おすすめアプリ>
◆「Welby血圧ノート
◆「まいさぽ

執筆者紹介

satoshi2

ヘルスケア・コンサルタント
谷口諭
URL: http://www.mystar-japan.biz/

糖尿病患者団体マイスター・ジャパンの事務局、YOKOHAMA-VOXのスタッフを務める。炭水化物量検索アプリ「Carbodata」の運営をする他、教育的観点からのヘルスケア分野の著作、セミナーの開発を行う。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス