アプリで入力したデータを一元管理、データをグラフ化・印刷できる 「Welbyマイカルテ」提供開始 患者の自己管理と医療従事者とのコミュニケーションをさらにサポート


株式会社ウェルビー(本社:東京都千代田区、代表取締役:比木武)は1月10日、糖尿病治療の自己管理をサポートする「Welbyモバイルアプリ(以下、モバイルアプリ)」と連動し、そのデータをグラフや表にして閲覧や印刷できる新サービス「Welbyマイカルテ」の提供を開始しました。本サービスの提供により、自己管理データのさらなる活用と、患者と医療従事者のコミュニケーションを促進していきます。

・WelbyマイカルテURL:https://mykarte.welby.jp/

ウェルビーは2011年より、糖尿病治療に必要な血糖値、食事履歴、服薬履歴などが記録できるクラウドサービス「Welby糖尿病」を展開してきました。また、モバイルアプリと連動し患者の自己管理データを「せんせい(医療従事者:医師、薬剤師、看護師、栄養士など)」と「なかま(=家族、友人等患者の知人)」に公開できる、日々の体調と生活状況の共有を目的としたサービス「Welbyシェア」を運営してきました。

「Welbyマイカルテ」は、モバイルアプリで入力したデータが集約され、期間や項目を自由に設定してグラフや表で確認することができる、ウェブブラウザによる新サービスです。診察の際に患者が持参できるよう印刷機能を付加するとともに、表示されたグラフを「Welbyシェア」に投稿し共有することで、より医療従事者、家族などとのコミュニケーションを促進します。

ウェルビーのモバイルアプリは糖尿病領域を皮切りに、他の生活習慣病や希少疾患等、今後さらにラインナップを拡充する予定です。
これらのデータ連動を実装し、総合的な自己管理の実現に向けて、より良いサービスを開発してまいります。

【Welbyマイカルテの特徴】
「Welbyマイカルテ」は様々なモバイルアプリとデータ連動し、治療におけるコミュニケーションを促進します。新しい自己管理のカタチを提案し、その効果を高めるサポートをいたします。

(特徴①)Welbyアプリで記録したデータを表やグラフで表示
日内変動から、週間、月間、年間など、好きな期間・項目を自由に設定し、様々なデータを重ねて見ることができます。

(特徴②)加工したグラフをWelbyシェアへ投稿
データをグラフなどにしてWelbyシェアへ投稿することで、記録の変化などを「せんせい」(医師や看護師など)や「なかま」(家族や友人など)と共有することができます。

(特徴③)記録は月単位で表にし、PDFファイルで保存・印刷が可能
記録は、一覧表にしてPDFファイルで保存できます。印刷して診察時に持参すれば、より適確な治療や指導を受けることができ、医師、看護師などとのより円滑なコミュニケーションを助けます。

welbymykalte

【Welbyシェアとは】
Welbyモバイルアプリとデータ連動し、リアルタイムで患者と医師、家族などで記録内容を共有できるサービスです。記録を共有する医療従事者(「せんせい」)、家族や知人(「なかま」)の参加には、患者による「招待」が必要です。
患者自身が選択した関係者のみが参加できる限定されたWebサービスで、「せんせい」や「なかま」は、治療のアドバイス等のコメント、「ほめる」「怒る」などの感情表現を表したスタンプを送ることができます。
「せんせい」「なかま」が患者の「サポーター」となって見守り、より効果的な治療を支援することが可能です。

welbymykalte2

【ウェルビーとは】
2011年より、糖尿病治療に必要な血糖値管理などができるクラウドサービス「Welby糖尿病」を展開しています。疾患の自己管理の項目ごとに開発された「Welbyモバイルアプリ」、患者が家族・医療従事者と自己管理記録を共有できる「Welbyシェア」、データの統合的な閲覧表示・印刷が可能な「Welbyマイカルテ」を提供し、患者による主体的な疾病治療・管理をサポートします。
今後は対象疾患を拡大し、慢性疾患分野における治療・自己管理のための総合プラットフォームを企画・開発し、患者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上、医療従事者への貢献を目指します。

welbykal

■取材に関するご依頼、本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ウェルビー 広報・PR担当:早坂文花
お問い合わせ:03-6261-3525
お問い合わせアドレス:fumika.hayasaka@welby.jp

■会社概要
本社所在地:〒102-0073 千代田区九段北1丁目2-1 九段北1丁目ビル
設立:2011年9月
代表者:代表取締役 比木武(ひき たける)
URL:http://welby.jp/


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス