YOKOHAMA-VOXに参加して

yokohama

横浜で半年に一回開催される1型糖尿病の集いにYOKOHAMA-VOXがあります。
7月15日に開催され、約150名の患者・サポーター・医療者が参加しました。

最初に事前に参加者から募った質問に対して、三菱商事・関西支社診療所の池田雅彦医師が
答える形で講演をしました。糖尿病患者や家族だからこそ感じる疑問や生活における「こまった」に対して1つずつ答えていました。

その後、1型糖尿病患者でもある小野医師からの経験談、そしてグループディスカッションがありました。
グループディスカッションは、9つのテーマごとに行われ、参加者同士によるノウハウや経験談の共有が行われました。

筆者は「講師の先生と語る」グループに参加をしましたが、講演の中では聞けなかった疑問が参加者から多くでました。筆者が一番印象に残ったのは、医師から言われている治療方針がうまく実践できなかった時、それと違った情報に接した時の対処方法でした。糖尿病に関しては様々な情報が常に流れており、信頼できるもの・信頼できないものを区別するのが大変難しくなっています。信頼できる情報源を見つけること、そしていろんな変化があっても血糖管理ができるという自信が持てるようになることが、糖尿病患者の生活の豊かにするうえで非常に重要であると感じました。

次回の第16回YOKOHAMA-VOXは、来年1月18日に開催がされます。
YOKOHAMA-VOXは毎回4割程度が初参加の方で、まだ発症してから日が浅い方、患者会に参加したことがない方にとって優しいコミュニティだと感じています。
より多くの方がイキイキとした治療生活を手にするきっかけにしていただければ嬉しく思います。
◆参考:YOKOHAMA-VOX

 

<おすすめアプリ/サービス>
◆「Welby血糖値ノート
◆「Welbyレポート

執筆者紹介

satoshi2

ヘルスケア・コンサルタント
谷口諭
URL: http://www.mystar-japan.biz/

糖尿病患者団体マイスター・ジャパンの事務局、YOKOHAMA-VOXのスタッフを務める。炭水化物量検索アプリ「Carbodata」の運営をする他、教育的観点からのヘルスケア分野の著作、セミナーの開発を行う。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス