穿刺器と血糖測定器が一体の血糖測定器実用化へ

注射器

血糖測定器の進化は近年目覚ましく進んでいます。
今回ご紹介するのはアメリカとイスラエルですでに販売が開始された、穿刺器と血糖測定器が一体となった血糖測定器です。

Darioはスマホを利用して血糖値を測定する血糖測定器です。
穿刺器、血糖測定チップ、そしてスマホのイヤホンジャックに差し込む機械部分の3つが1体になって持ち運べる仕様になっています。
また、測定結果は自動的にWEB上で保存され、測定結果をわかりやすく提示してくれます。
たとえば、目標の血糖値範囲に収まっている率を自動計算してくれたりしますので、測定結果を治療改善により使いやすくなります。
◆参考:Dario

インスリンを使っている方は、インスリン・血糖測定器・穿刺器は常に持ち歩くものです。
測定結果が使いやすくなるのはもちろんですが、持ち運びのしやすい形や周りから見て違和感のないデザインであることも患者のQOLを大きく影響する可能性があると感じています。
Darioはまだ日本では販売されていませんが、このような工夫がなされた治療器具が提供されるようになることを願います。

<おすすめアプリ/サービス>
◆「Welby血糖値ノート
◆「Welbyレポート

執筆者紹介

satoshi2

ヘルスケア・コンサルタント
谷口諭
URL: http://www.mystar-japan.biz/

糖尿病患者団体マイスター・ジャパンの事務局、YOKOHAMA-VOXのスタッフを務める。炭水化物量検索アプリ「Carbodata」の運営をする他、教育的観点からのヘルスケア分野の著作、セミナーの開発を行う。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス