肥満が6−13年寿命を縮める?

メタボ

肥満と一口にいっても、レベルがあります。

肥満のレベルに応じて様々な疾病等が発生するリスクが高まります。
そこでBMIに応じて6段階にわけ、適切な治療をするべきだとされています。
◆参考:医師が教える!1分ダイエット

今回発表されたある調査によれば、肥満4度になると、寿命を6.5年から13.7年縮めている可能性があるそうです。
肥満度4とは、BMIが45以上の方になります。身長にもよりますが、標準体重より45キロ以上になるそうです。
日本ではあまり見ないかもしれませんが、アメリカでは人口の8%が肥満4度なのだそうです。
◆参考:
Obesity May Shorten Life by 14 Years

このようなデータを集めながら、肥満に対して適切な治療をすることが重要であることを一層発信していくことが必要であると考えます。
生活習慣病予防を目的として始められた「特定保険診断・指導」制度ですが、平成23年は特定保険診断の実施率が42.7%でした。まだ半分以上の方は診断さえ受けていないことになります。
社会全体として肥満とどのように戦って行くのか、考えて行きたいですね。
◆参考:特定健康診査・特定保健指導に関するデータ

<おすすめアプリ>
体重管理は「血圧ノート」で

執筆者紹介

satoshi2

ヘルスケア・コンサルタント
谷口諭
URL: http://www.mystar-japan.biz/

糖尿病患者団体マイスター・ジャパンの事務局、YOKOHAMA-VOXのスタッフを務める。炭水化物量検索アプリ「Carbodata」の運営をする他、教育的観点からのヘルスケア分野の著作、セミナーの開発を行う。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス