預けている健康情報は安全ですか?

USB

様々な企業から個人情報が漏えいがニュースとなっています。
自分の情報を有効活用してより充実したサービスを受けたいと多くの人は思っていると思います。
しかし、それと情報漏えい、悪用のリスクをどのように両立させればいいのかが今問われています。

先日14か国で行われた調査が発表されました。
個人情報を様々な企業・団体に預けることに対して、どのくらい「信用」をしているかについての調査です。
その結果、銀行や保険会社より病院のほうが信用度が高いことがわかりました。
56%の人が病院に個人情報を預けることを信用していました。
ちなみにfacebookなどのソーシャルメディア企業は17%で最下位だったそうです。
◆参考: Consumers Trust Hospitals Over Other Industries to Protect Personal Data

現在のIT社会においては、情報は一旦流出すると一人歩きをしてしまうだけに、活用と規制のよいバランスを今後見出していくことが必要になりそうですね。

執筆者紹介

satoshi2

ヘルスケア・コンサルタント
谷口諭
URL: http://www.mystar-japan.biz/

糖尿病患者団体マイスター・ジャパンの事務局、YOKOHAMA-VOXのスタッフを務める。炭水化物量検索アプリ「Carbodata」の運営をする他、教育的観点からのヘルスケア分野の著作、セミナーの開発を行う。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス