ラーメンと肥満は関係ある?ない?

ラーメン横

みなさんはラーメンはお好きですか?
その発祥は中国であっても、ラーメンは日本の国民食と言っていいと思っています。
そして比較的男女関係なくラーメンは好まれていると最近感じています。

ただ、ラーメンは高カロリー、高塩分であるとされています。
健康的でない食品の代名詞として使われることもしばしばあります。
それでは、具体的にどのくらい健康への影響が強いのでしょうか?

インスタントラーメン1杯は約450kCalです。また、塩分は一杯あたり7-10gです。
しかし、ラーメンのトッピングや作り方によって大きく変わります。
慶応大学の前にあり、そのボリュームで有名な「ラーメン次郎」のラーメンは一杯1400kcalとする推測もありました。
一杯あたりのインパクトは大きいことは事実のようです。
◆参考: らーめんカロリー.com

もう少し長期的な視点にたって考えたときにはどうなのでしょうか?
この問いを研究した韓国の論文が発表され、10711の健康状態と食生活を調べた結果、週2回以上のラーメン摂取をするとメタボリックシンドロームの有病率が高かったわかったそうです。
それも女性にのみ表出し、男性では見られなかったようです。
◆参考: Ramen Revenge: Eating Too Many Instant Noodles Linked To Risk Of Metabolic Syndrome In Women

ラーメン好きにとっては悲報となりましたが、どのようにすれば「好き」と「健康」を両立させられるか考えるきっかけになれば幸いです。

執筆者紹介

satoshi2

ヘルスケア・コンサルタント
谷口諭
URL: http://www.mystar-japan.biz/

糖尿病患者団体マイスター・ジャパンの事務局、YOKOHAMA-VOXのスタッフを務める。炭水化物量検索アプリ「Carbodata」の運営をする他、教育的観点からのヘルスケア分野の著作、セミナーの開発を行う。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス