糖尿病とうつ病の関係性

悩む

糖尿病を発症することは、メンタルや心にも大きな負担となるとされています。
そのケアをすることも重要であると考えられます。

実際に糖尿病のメンタルへの影響はどのくらいあるものなのでしょうか?
東京女子医大糖尿病センターでは、高齢の糖尿病患者を対象にアンケート調査を行いました。
そしてそのアンケートに基づき、うつ病の有病可能性について研究をしたそうです。

結果、65歳以上の高齢患者4365人のうち、30・6%に当たる1,334人にうつ症状がありました。
また、症状が重いほど合併症も多い傾向がありました。
◆参考: 高齢糖尿病患者、3割うつ…重いほど合併症多く

糖尿病とうつ症状の関係性はまだはっきりとしていません。
うつ症状等が原因となり、運動量が減ることによって血糖管理が悪化するパターン、合併症の影響や不安からうつ症状が出るパターンなどが疑われています。
もし3割もの割合でうつ症状が見られるのであれば、丁寧な検査と治療が必要であると考えられます。
糖尿病でも身体的な健康を維持することはしやすくなりました。こころの面の管理もしやすくなり、イキイキとした生活を送りやすくなることを願います。

執筆者紹介

satoshi2

ヘルスケア・コンサルタント
谷口諭
URL: http://www.mystar-japan.biz/

糖尿病患者団体マイスター・ジャパンの事務局、YOKOHAMA-VOXのスタッフを務める。炭水化物量検索アプリ「Carbodata」の運営をする他、教育的観点からのヘルスケア分野の著作、セミナーの開発を行う。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス