吸入型インスリン、FDA認可を受ける


注射をしなくてよいインスリンの開発を。

様々な企業がこの目標実現に向けて研究開発をしています。
その中で吸入型インスリンがFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可をついに受けました。

今回認可を受けたのは吸入型のインスリン新薬です。
追加インスリンとして認可を受けたようです。
基礎インスリンを使用している患者は、基礎インスリンとの併用が必要となっています。
◆参考: MannKind’s Afrezza approved

この新薬は認可を受けるために、これまで過去3回挑戦をしており、今回4回目にしてやっと認可を受けた形です。
販売の詳細なタイミングや日本での認可についてはまだ情報はありませんが、より患者に優しいインスリンの開発が進むことはとてもうれしいことですね。
今後の発展に期待しています。

執筆者紹介

satoshi2

ヘルスケア・コンサルタント
谷口諭
URL: http://www.mystar-japan.biz/

糖尿病患者団体マイスター・ジャパンの事務局、YOKOHAMA-VOXのスタッフを務める。炭水化物量検索アプリ「Carbodata」の運営をする他、教育的観点からのヘルスケア分野の著作、セミナーの開発を行う。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス