ウォーキングの目安は1日2000歩?1万歩?


1日1万歩で健康に!

「1日1万歩を目指しましょう!」
健康のためには1万歩歩くことがいと聞いたことはあるのではないでしょうか?

実際に、1万歩歩くと高血圧だった人が34%減ったという研究結果もあります。
また、アメリカ心臓協会も1万歩の運動を健康改善のための基準として提唱しています。
参考: The Magic of 10,000 steps

2000歩でも効果十分?

1万歩は大変と感じる人も多いと思います。
一般的に90分程度かかるとされています。
筆者自身、1日4000歩程度が平均です。
あと50分程度毎日歩くのは難しいと感じるのが本音です。

しかし、もしかしたら1日2000歩を上げるだけで、心筋梗塞や脳卒中のリスクが8%ずつ低くすることができるかもしれません。
世界40カ国の806施設から50歳以上の男女9306人を対象とした調査によって、このことが明らかになりました。
参考: 糖尿病予備群でも、「1日2000歩」で心血管疾患リスクが8%減

「1日2000歩・20分よけいに歩くと、心血管疾患のハイリスク集団のリスクが8%ずつ低くなる」
これはわかりやすく、実現可能な気がするのは私だけでしょうか?

みなさんも隙間時間をみつけて、健康年齢を伸ばす努力を少しずつしてみましょう。

執筆者紹介

satoshi2

ヘルスケア・コンサルタント
谷口 諭
URL: http://www.mystar-japan.biz/

糖尿病患者団体マイスター・ジャパンの事務局、YOKOHAMA-VOXのスタッフを務める。炭水化物量検索アプリ「Carbodata」の運営をする他、教育的観点からのヘルスケア分野の著作、セミナーの開発を行う。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス