肥満改善で家計にもお得!年間平均9万円の節約に

肥満改善で家計にもお得!年間平均9万円の節約に

年に1度の健康診断、皆さんはもう受けましたか?健康診断の時期が近づくと、「ダイエットしなきゃ!」と焦る人もいますが、健康診断では「肥満」もチェックの対象になります。なぜ、肥満が健康のチェックに大事なのでしょうか?今回は、肥満と健康の関係についてご紹介します。

どこからが肥満?

ちょっと太ったら「肥満」と思う人もいるかもしれません。ですが、少し体重が増えただけでは「肥満」とはいいません。医学的には、肥満はBody Mass Index(BMI)という肥満指数によって判定されます。「体重(kg)/身長(m)×身長(m)」の数値が25以上なら「肥満」に該当します。

健康上のリスクを知るうえで、BMIとともにチェックしたいのが、お腹まわりの脂肪です。肥満の中でも、お腹まわりの内臓に脂肪が蓄積していると、血糖・血中脂質・血圧が上昇するリスクが高まり、生活習慣病の原因になります。これを「メタボリックシンドローム(以下「メタボ」)」といいます。

「最近、お腹が出てきたな……。」という方は、ウエストサイズを測ってみましょう。

男性で85cm、女性で90cmをオーバーしていたら、①血圧②中性脂肪③血糖値も確認します※。①~③のうち2つ以上について所定の基準に該当すると、メタボと診断されます。

※出典:厚生労働省「メタボリックシンドロームの診断基準」
必須項目:ウエスト周囲径 男性85cm以上、女性90cm以上
選択項目(3項目のうち2項目以上)
1、中性脂肪:高トリグリセリド血症150mg/dl以上、かつ・または 低HDLコレステロール血症 40mg/dl未満
2、血圧:収縮期(最大)血圧130mmHg以上、かつ・または 拡張期(最小)血圧85mmHg以上
3、血糖値:空腹時高血糖110mg/dl以上
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-01-003.html

メタボが招く病気

メタボは糖尿病をはじめ、心筋梗塞、脳卒中、腎臓病、認知症、がんといった病気を引き起こすリスクがあります。肥満とは関係なさそうな病気もありますが、メタボから糖尿病になると、動脈の壁が厚くなったり、硬くなったりして働きが悪くなる「動脈硬化」が起き、ほかのさまざまな病気につながる危険があるのです。

こうした重篤な病気のリスクもはらむため、メタボになると医療費の負担も重くなる恐れがあります。厚生労働省の調査によると、メタボの人はそうでない人よりも年間の平均医療費が約9万円高いと報告されています。

出典:厚生労働省 新たな健診・保健指導と生活習慣病対策
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu/pdf/ikk-a.pdf
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/chiiki-gyousei_03_05.pdf

生活習慣を改善して医療費も生活費も節約しよう

メタボの予防に効果的なのが、食生活と運動習慣の改善です。まずは朝・昼・晩の3食を規則正しく摂りましょう。巷にはさまざまなダイエット法が出回っていますが、特定の食品ばかりを食べる「●●だけダイエット」や、特定のものを食べない「●●抜きダイエット」は、栄養バランスの崩れや基礎代謝の低下につながり、逆効果になることもあります。

基本は食事をきちんと摂り、間食を減らすことです。甘いお菓子や脂っこいスナック菓子を減らせば、カロリーも出費もカットできます。また、ついつい飲みたくなる清涼飲料水や缶コーヒーなど、糖分が多く含まれている飲み物を減らすのもよいですね。

こうして、少しずつ生活習慣を改善しながら節約もできれば一石二鳥です。浮いたお金を、健康的な食事や運動、保険の見直しなどに使えたら、より安心ですね。


201602kato

<著者紹介>
加藤梨里

ファイナンシャルプランナー(CFP®)
マネーステップオフィス株式会社代表
慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教



本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


 
 
720_187


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス