生命保険はライフステージに合わせて 独身~既婚~子育て世代の適切な種類と保障額は?

生命保険はライフステージに合わせて 独身~既婚~子育て世代の適切な種類と保障額

病気、けが、死亡など、万が一のリスクに備えるのが生命保険です。実際にご自身の生命保険を選ぶときには、現在の生活の状況と将来設計を踏まえて、「いつ」「どんなときに」「どれくらい」の保障が必要かを考えてみましょう。

シングルの間は医療保障を中心に

独身の間は、もしご自身が亡くなったとしても、遺されたご家族の生活費などを用意しておく必要はあまりありません。仮に亡くなった時にご家族に負担をかけたくないなら、お葬式代程度の死亡保障を、終身保険などで準備しておけば十分です。お葬式の予算はまちまちですが、目安は200万円~300万円といわれています。

むしろ、病気・けがで入院した場合の費用や、仕事を休むことで収入が下がった場合に備えて、医療保障を検討しましょう。ただし、こうしたリスクに対応できる十分な貯蓄があれば、保険には契約せず、その分を貯蓄しておく方法もあります。

結婚したら死亡保障に目を向けて

結婚をしたら、定期保険や収入保障保険など死亡保障の充実を考えましょう。ご自身に万が一の際、その後の生活費に充てられるよう、遺されたパートナーが老齢年金を受け取るであろう65歳までの期間を目安にカバーしておくと安心です。共働きの場合はパートナーに収入がありますから、必要になると思われる資金をじっくり検討して、貯蓄と生命保険の組み合わせを上手に考えてみましょう。

子どもができたらリスクへの備えを手厚く

よりリスクへの備えをしっかりしたいのが、子どもが生まれた後です。子育て世代は子どもの教育費がかかるうえ、出産前は働いていた女性でも、退職や休業などにより収入が少なくなることがあります。このような時期に万が一に見舞われても、遺されたご家族が安心して暮らしていけるように、ご家族の生活費とお子さんの教育費を考慮した死亡保障を備えておきましょう。

特にお子さんが独立する年齢までは、保障額を手厚くしておくと安心です。目安は3,000万円程度。お子さんの年齢や希望する進路、またお住いの状況によって変わります。また、万が一に関わらず教育資金を計画的に確保するには、学資保険という方法もあります。

このように、適切な保険の種類、保障額、保障期間はライフステージ毎に異なります。ご加入の保険がご自身の状況に合っているか、一度確認してみてはいかがでしょうか?


201602kato

<著者紹介>
加藤梨里

ファイナンシャルプランナー(CFP®)
マネーステップオフィス株式会社代表
慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教



本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


 
 
720_187


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス