医師と患者のコミュニケーションを創る「ネット活用術」とは?【医師 木村那智氏】

木村先生

「患者さんには、常にアンテナを高く張って貪欲に情報を集めて欲しいと願っています。多様で変化に富むリアルな生活を乗り切るための知恵は、いくらあっても足りないくらいですから。」と、ソレイユ千種クリニックの木村那智医師は語ります。
同クリニックは名古屋市中心部に位置し、1型糖尿病や生活習慣病(2型糖尿病、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症、肥満など)を専門としています。特に1型糖尿病の診療に力を入れており、地元はもちろん、関東や関西など遠方から通院される患者さんも少なくありません。
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)を駆使して、積極的に全国の患者とコミュニケーションを取りながら治療を進める木村医師。そこで生まれる「知」がもたらす効果、そして情報の活かし方とは――。
木村医師の日々の活動について、お話を伺いました。

診察日が待ち遠しくなるようなクリニックを目指す

ーー木村先生が糖尿病診療において大切にされていることは何でしょうか?

当院は、診察が楽しみでワクワクするようなクリニックを目指しています。患者さんのブログ、フェイスブック、ツイッター、LINEなどを見ていると、「診察日が近づいて憂鬱」とか、「HbA1cが上がって怒られた」とか、「自己管理不足のせいにされて落ち込んだ」などという書き込みをしばしば目にします。誰のため、何のための治療なのでしょうか?治療の主役は、患者さんです。そして、治療が生涯に渡って続く患者さんにとって、通院は生活の一部です。どうせなら、底抜けに楽しく1型ライフを送れるよう、お手伝いしたいと思っています。
私は診察時以外にも、インターネットを通じて患者さんとコミュニケーションを取り続けるよう努めています。常に「つながっている」と感じることで、遠方の患者さんでも安心して毎日を過ごしていただけます。治療に関する疑問は、診察日を待たずすぐに解決することを目指しています。普段から患者さんの日常を把握できているために、診察時に近況報告は不要で、限られた診察時間を、血糖測定記録を一緒に詳細に見返したり、次の月に向けて「宿題」を決めたりなど、有意義に和やかに過ごすことができます。

SNSを通じて皆で学び、助け合う
クリニック全体で「知」の共有をサポート

ーー具体的にはどのようなコミュニケーションを取っていらっしゃるのですか?

現在はフェイスブックでの交流を中心としています。ブログ、ミクシィ、ツイッターを使うこともあります。若い子はLINEが好きですね。SNSは、私にとっては本当に有難い、無くてはならない存在です。
例えば、ある方が治療上の悩みやトラブルについてSNSに書き込んだとします。すると私だけではなく、つながりのある世界中の人たちがそれに反応し、様々な立場から様々な意見が出され、議論が交わされます。発言はせず我々のやりとりを見ているだけの人はさらに沢山います。こうして、大勢で問題解決を目指し、みんなで学ぶこともできます。初めのころはメールやメッセージで個人的に相談していた方も、徐々に全国の仲間たちに相談できる場所で発言するように変わってゆくことが多いです。

ーー溢れるような沢山のメッセージや情報に、いつも多忙な先生はどのように対応しているのですか?

当院の患者さんで、日ごろからSNSを通じて積極的に交流させていただいている方は、200名くらいです。うち1型が約150名、残りの約50名が2型という感じでしょうか。それに加えて、かかりつけではない全国、ひいては世界中の患者さんに常に一人で対応するのはもちろん無理ですので、看護師などのスタッフも一緒に参加しています。質問やトラブルに対して私が回答できない時は、看護師が代わりに対応しています。スタッフの協力と、患者さんも含めて皆で教えあい学びあうという雰囲気のおかげで、私も「負担が大きい」とは思っていません。

ーー患者さんのプライバシーの問題はないのでしょうか?

SNSでの情報発信における公開範囲の使い分けは、参加者の自己責任です。公開の場で発言している患者さんは、人の目に触れることをわかった上で自発的に参加しているのです。決して、個人情報が勝手に漏出させられているわけではありません。SNSは既に一般人の日常生活に根付いているメディアです。今更、特別なものではありません。そのメリットとリスクについても、よく知られています。
それでも私の場合は、医療者としてSNSに参加するからには、患者さんのプライバシー保護に細心の注意と配慮せねばなりません。ただし、多くの医療者が心配するほど深刻な問題は、発生しにくいと思います。
主たる治療の場が病院の中ではなく日常生活の中にある糖尿病は、SNSと親和性が特に高いと感じます。人の数だけ悩みはあるものですが、結局は皆同じような悩みを抱えているものです。1つの悩みに対して多くのアドバイスが一斉に集まり、一斉に学習できるSNSのメリットは非常に大きいと思っています。

「患者さんに育てられていると感じる」
それができるのもSNSのチカラの一つ

ーーインターネットを介したコミュニケーションは、患者さんにとって、非常に素晴らしい場となっているようですね。木村先生ご自身が、医師として感じているメリットは他にもありますか?

メリットだらけですね。挙げきれないくらいです(笑)。でも一番の収穫は、インターネットを通じたコミュニケーションを始めた結果、「糖尿病医として成長させてもらった」と感じることです。
例えば、当クリニックで「インスリンポンプ療法(CSII)」を外来で導入する際、患者さんの多くがSNSで「実況中継」されます。「クリニックなう」「今から始まります。血糖値は〇〇」「ポンプ導入だん」「〇〇時間後、血糖値〇〇」といった調子で。密室でなく、全てがオープンな環境で治療していると、私の力量が世界中に筒抜けになってしまいます。これは非常に緊張感があり、良い意味で刺激になります。
また、高血糖の際にインスリンの量や種類に関しアドバイスを求められたとします。その回答を他の方も見ていて、アドバイスに対する結果は数時間後に明らかになり、世間に公表されるのです。「なかなか低血糖から抜け出せない」というSOSも、よく見かける書き込みです。補食の量や次に血糖値を測るタイミングなどのアドバイスを、みんなが興味津々で見ています。「誰の目から見ても恥ずかしくない治療をしよう、常に最新の情報を集めよう、もっと勉強をしなくては」といつも考えるようになりました。
SNSでは患者さんのリアルな声を聞き続けることができるので、医学書では知りえない患者さんの本当の辛さや悩みも、たくさん知ることができました。
こうして学んだことを、少しでも多くの患者さんに還元していきたいと考えています。

ーーインターネットを介した双方向のコミュニケーションは、患者さんだけでなく、医療者全てを育てる可能性を持っているのですね。

引き続き、木村先生の「ITを活かした診察の現場」について、お伺いいたします。

話し手ご紹介

DrKIMURA_2-e1405410982477-138x150

ソレイユ千種クリニック
木村 那智
URL : http://www.med-junseikai.or.jp/soleil/

大阪府富田林市生まれ。名古屋大学医学部卒。2010年ソレイユ千種クリニック開業。小児期~壮年期の1型糖尿病治療に注力し、常に1型糖尿病の最新治療を追及する。「診察が楽しみでワクワクするクリニック」を目指し、インターネットを通じたコミュニケーションや患者会活動などに精力的に参加。ネット上に多くの1型糖尿病患者の「ファン」を持つ。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス