Welbyマイカルテで記録を確認し報告する

第3回_1

2型糖尿病の診断を受けて早3年。ちょうど職場でも部長の任命を受け、公私ともに忙しい時期の発病だった。

繁忙期が来ると、血糖値の測定記録をノートに書く時も、殴り書きをしてしまって、ちゃんと枠内に数字がキレイに入っていない。しかも、計測後の血液が付いてしまったノートを使い続けるのは気持ちのいいものではない。他人の前で付けるなんてもってのほかだ。もちろん気心知れた主治医の前でも、そんなノートを診察の時に提出するのはとても恥ずかしかった。

正直にそれを医師に相談したところ、[血糖値ノート]というスマホアプリを紹介された。測定値を記録するだけということなので実際に使ってみると、測定後は常に身近にあるスマホに入力するだけなので、外食の時でも周りの人と違和感なく一緒に居られるのがいい。

さらに、無料で使える[Welbyマイカルテ]を開けば、毎日の測定値が表(リスト)の形で月別に表示される。しかも、PDF印刷が可能なため、自宅で印刷して診察の時に先生に持っていくことができる。自分が毎日スマホから入力するだけなので、特別に何かしているわけではないし、きれいにまとまった紙を提出できるのは気持ちがいい。
1日の変動値グラフを[Welbyシェア]に投稿することもできるから、たまにやってみている。

アプリを使い始めて初めての診察の時、測定に抜けがないのを見て、先生から毎日記録していることを褒めてもらえたし、自分もキレイでわかりやすい報告書が出せるので、気持よく診察に行けるようになった。
これなら、毎日部下に「わかりやすい資料を作れ!」って偉そうに言っているが、面目も潰れずに済みそうだ。

Welbyマイカルテを使っていますか?

ウェルビーが提供しているスマートフォンアプリを開くと、右下に[Welbyマイカルテ]とあるのをご存知でしょうか。

[Welbyマイカルテ]は、毎日の記録を「グラフ」と「リスト」の形で確認していただけるサービスです。
例えば、リストでは、
[血糖値ノート]で入力した血糖値とブドウ糖摂取の記録
[血圧ノート]で記録した血圧、脈拍、体重の記録
[食事ノート]で記録した食事内容
が表示されます。
それぞれのグラフやリストはPDFで保存することができるようになっています。

(注意)スマートフォンの機種によってはPDF保存できない場合があります。パソコンをお持ちの方はWebブラウザからのご利用も可能です。

<補足>
スマートフォンの場合、「Welbyマイカルテ」を初めて開くときには[ログイン]画面が開きます。
アプリにログインするときのメールアドレスとパスワードをご入力いただくことで、画面が表示されます。

【関連サービス】
◆Welbyマイカルテ:https://mykarte.welby.jp/pages/about
◆血糖値ノート:http://www.welby.jp/service/bs/


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス