糖尿病アプリで簡単血糖/血圧/体重記録!治療がより簡単に

糖尿病アプリで簡単血糖値・血圧・体重測定!機器連携機能を使って、測るだけで糖尿病治療!

こんにちは!Welbyメディア編集の岸です。

「糖尿病×アプリ」シリーズでは3本立てで、近年充実してきた「糖尿病」の管理に用いられる手帳のアプリ版の効果を紹介して、糖尿病患者さんの治療をサポートしていくことを目的としています。

「糖尿病×アプリ」シリーズ

糖尿病アプリで食事を写真で撮るだけ!アプリだから続く!糖尿病治療向け食事の管理!
第1弾
糖尿病アプリで食事を写真で撮るだけ!アプリだから続く!糖尿病治療向け食事の管理!
糖尿病アプリで簡単血糖値・血圧・体重測定!機器連携機能を使って、測るだけで糖尿病治療!
第2弾
糖尿病アプリで簡単血糖値・血圧・体重測定!機器連携機能を使って、測るだけで糖尿病治療!
Coming Soon
第3弾
糖尿病アプリで記録を医療者に共有!クラウドを使って医療者に生活習慣データを簡単に伝える

本エントリーではシリーズ第2弾として、「糖尿病アプリで簡単血糖値・血圧・体重測定!機器連携機能を使って、測るだけで糖尿病治療!」をご紹介します。

 

1.糖尿病アプリは家庭測定における課題を解決する

糖尿病アプリは家庭測定における課題を解決する

糖尿病アプリは家庭測定における課題を解決する

「糖尿病」の患者さんのうち、主に2型糖尿病の患者さんは医師や管理栄養士から食事や運動を行い、血糖値や血圧を自宅で測定するように指導を受けることがあります。

「糖尿病」の方やその疑いがある方で、医師が必要と判断した方は血糖値を測定して、記録します。
「高血圧」の方やその疑いがある方は血圧を測り、記録します。

従来は紙の手帳やノートにそれらを記録して、通院時に持参して医師に診てもらう流れが多いかと思います。

血圧や血糖値は毎日、場合によっては1日に何度も測定が必要になり、
「測定」→「記録」→「測定」→「記録」→「・・・・
の流れを何度も繰り返すのは、楽なことではありません。

実際に医療者からは「患者さんが手帳を忘れてしまうことがある」という声をきくことがあります。
対して患者さんからは「測定はするものの、手帳やノートに記録することが面倒で・・」という声をききます。

紙の手帳は糖尿病の治療には生活習慣を医療者、患者さんが把握するために大変重要なツールですが、近年のIT技術の進化でその紙の手帳をサポートする糖尿病患者さん向けのアプリが提供されるようになってきました。

普段持ち運ぶスマートフォンで記録していけば、血糖値や血圧などの検査値を測定したり、食事、運動を行い、記録するたびに手帳を探す必要はなくなります

また、常に持ち運ぶスマートフォンで記録していれば、通院時に持っていくことを忘れることは減るのではないのでしょうか。

2.アプリだからできる!生活習慣の振り返り

アプリだからできる!生活習慣の振り返り

アプリだからできる!生活習慣の振り返り

普段、ご自宅で血糖測定器や血圧計、体組成計などで測定した検査値や記録は、数値を手帳やノートに記載します。いわゆる表のような形式に日々検査数値を記入していきますが、数字の羅列では検査値の上下動を把握しきれないことがあります。

そこで活躍するのが、ITツールです。ITの最大の強みは「自動化」です。測定した値を自動的にグラフ化してくれるので、どんな生活習慣が検査値に影響しているのか一目でわかるようになります。

測定した値を自動的にグラフ化

測定した値を自動的にグラフ化

自動的にグラフ化してくれることで、例えば上記サンプルであれば5月9日は血圧が下がっていることが分かります。そこでその日は何をしただろう?と考えることにつながります。例えば5月8日に塩分を控えた食事をしたな・・など、自身の生活と測定値を結び付けて考えるきっかけになります。

これが「糖尿病」をはじめとした生活習慣病の治療の第一歩である「病気を知る」ことです。

(参考:スマートフォンアプリ Welbyマイカルテ~つながる自己管理ノート~

3.記入は不要!糖尿病アプリだからできる!測るだけで血糖値、血圧、体重管理

記入は不要!アプリだからできる!測るだけで血糖値、血圧、体重を管理

記入は不要!アプリだからできる!測るだけで血糖値、血圧、体重を管理

数値をグラフ化するだけにとどまらず、IT技術の発達は更なる「糖尿病」や「高血圧」の治療をサポートしてくれます。

近年ではBluetoothやNFCの機能が搭載された家庭用血糖測定器も発売され、測定した血糖値、血圧、体重のデータを自動でスマートフォンに取り込み、管理できるようになりました。

糖尿病・高血圧症・肥満症患者さんの自己管理を支援するWelbyメディア関連記事

糖尿病・高血圧症・肥満症患者さんの自己管理を支援するWelbyメディア関連記事

医療用の血圧計とも連携!血圧計(エー・アンド・デイ A&D|全自動血圧計TM-2657VP(診之助Slim))と「Welbyマイカルテ」の連携で医療機関で測定した血圧を一元管理 医療用の血圧計とも連携!血圧計(エー・アンド・デイ A&D|全自動血圧計TM-2657VP(診之助Slim))と「Welbyマイカルテ」の連携で医療機関で測定した血圧を一元管理
iPhoneを持ち運ぶだけで運動管理!ヘルスケア(apple)と「Welbyマイカルテ」の連携で 運動の振り返りがより便利に iPhoneを持ち運ぶだけで運動管理!ヘルスケア(apple)と「Welbyマイカルテ」の連携で 運動の振り返りがより便利に
測るだけで自動でアプリで血圧管理!血圧計(エー・アンド・デイ A&D|血圧計UA-651BLE)と「Welbyマイカルテ」の連携で日々の記録が簡単に 測るだけで自動でアプリで血圧管理!血圧計(エー・アンド・デイ A&D|血圧計UA-651BLE)と「Welbyマイカルテ」の連携で日々の記録が簡単に
血糖の記録漏れや手帳忘れを防止!血糖測定器(三和化学研究所|グルテストNeoアルファ)と「Welbyマイカルテ」の連携で、より確実な自己血糖測定を 血糖の記録漏れや手帳忘れを防止!血糖測定器(三和化学研究所|グルテストNeoアルファ)と「Welbyマイカルテ」の連携で、より確実な自己血糖測定を
活動量や歩数をスマホで管理!歩行強度計(テルモ|メディウォーク)と 「Welbyマイカルテ」の連携で、日々の活動量を手軽に把握 活動量や歩数をスマホで管理!歩行強度計(テルモ|メディウォーク)と 「Welbyマイカルテ」の連携で、日々の活動量を手軽に把握

血糖測定器や血圧計、体組成計で測定し、無線でスマートフォンに測定値を送ることができるので、数字を手帳やノートに書き起こす手間がなくなります。加えて、書き間違いや書き忘れがなくなるので、「糖尿病」の治療のための記録が見違えます。

 

4.簡単だから続く糖尿病アプリ

「糖尿病」の治療は生活習慣の改善=ライフスタイルの変化です。一度や二度の変化ではなく、習慣を変えることであるため、簡単なことではありません。

そのため、何より簡単であることが重要です。現在、ほとんどの方がスマートフォンをお持ちであり、測定値をスマホで管理することができます。
※一部対象端末(スマートフォンアプリ)に限る

加えて糖尿病患者さん向けに開発されたアプリを使えば、一覧で振り返ったり、医療者につたえることが簡単になります。

利用は無料のアプリが多いので、是非「糖尿病」の治療や予防に利用してみてはいかがでしょうか。
※パケット通信料はご利用者様の負担です。


著者紹介



本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス