朝と夜で血圧が変化!?~心筋梗塞、脳卒中のリスクが高まる「早朝高血圧」の変化を測定しよう~

朝と夜で血圧が変化!?~心筋梗塞、脳卒中のリスクが高まる「早朝高血圧」の変化を測定しよう~

こんにちは!Welby編集の海老澤です。

高血圧」や生活習慣病の患者さん、健康に関心をもっている方が気になるものの一つに血圧があげられます。近年は安価な家庭用血圧計も多く販売されているので、毎日自宅で血圧を測っている方が増えてきました。毎日測っていると、1日の中での変化も気になりますよね。

そこで本エントリーでは、朝と夜の血圧の変化や、「高血圧」の中でも特に気にしたい早朝高血圧などについて紹介していきたいと思います。

血圧を測ったことのない人も要チェック!この機会に血圧について知っておきましょう。

 

1.血圧について知ろう

1-1. 血圧は変化するもの

血圧とは、心臓から送り出された血液が、血管の内壁を押す力(圧力)のことをいいます。

血圧を測る習慣のない人にとっては、健康診断で出た数値のみで自分の血圧がどのくらいかを知りますが、血圧とは一定ではなく、常に変化しているものです。

例えば、運動後や仕事のプレゼンの発表などで大きなストレスを抱える場面のときなどは、血圧は分かりやすく上昇します。脈拍と似ているところがありますね。

また血圧は自律神経とも大きく関わっています。

自律神経とは、活動を行うときに優位となる「交感神経」と、リラックスをしているときに優位となる「副交感神経」から成っていますが、交感神経が活発に働いている日中は、血圧も比例して高い傾向にあり、反対に夜などのゆったりとしているときは副交感神経が働くという仕組みです。

この自律神経の働きに比例して、血圧も下がる傾向にあります。

 

1-2. 血圧は昼高く、夜低い

血圧は個人の体質や持病、ライフスタイルなどによって大きく異なりますが、1日の間でおおよそ以下のような推移があります。
一般的に血圧は「昼に高くなり、夜は低い傾向」があります。前述した自律神経の働きに沿っていることが分かります。

血圧グラフ

血圧グラフ サンプル

 

1-3. 高血圧の種類

医療機関で測る血圧値は140/90mmHg以上、家庭で測る血圧値は135/85mmHg以上が「高血圧」とされています。
しかしながら「高血圧」と言っても、いくつかのパターンがあります。

(1)早朝高血圧

朝に血圧が急上昇する、もしくは、夜中から朝にかけて上昇していく2通りがあります。
「脳卒中」や「心筋梗塞」のリスクが高いといわれています。

早朝高血圧

早朝高血圧

(2)夜間高血圧

就寝中に血圧が上昇します。「睡眠時無呼吸症候群/SAS」の方に多くみられます。

夜間高血圧

夜間高血圧

(3)昼間(職場)高血圧

■職場高血圧

職場などで、昼間に過度にストレスを感じている人に多くみられます。クリニックや病院などの医療機関ではほぼ正常な血圧の値ですが、職場だけ血圧が高くなります。

職場高血圧

職場高血圧

■白衣高血圧

クリニックや病院などの医療機関で血圧を測定する時に、緊張して血圧が上がる状態があります。普段の血圧は正常なため、体に異常がない限り、特に問題はないといわれています。

白衣高血圧

白衣高血圧

 

2.朝に血圧が高いと危険?

高血圧」にはいくつかのパターンがあることが分かりましたが、特に問題となってくるのは、朝に血圧が高い「早朝高血圧」です。

2-1. 心筋梗塞などを起こしやすいので注意!

心筋梗塞などの疾患が午前中に起こる割合が多いのをご存知でしょうか。
理由のひとつに、「早朝高血圧」が挙げられます。
「早朝高血圧」の人は、起床後1時間以内に「心筋梗塞」、2時間以内に「脳卒中」など起こす可能性がとても高く、血圧が正常の人に比べ、格段にこのリスクが上がるといわれています。
そのため、まずは朝と晩に血圧を測る習慣を作り、自分の血圧について知っておくことが重要です。

 

2-2. 早朝高血圧の確認方法

それでは「早朝高血圧」であるか否かの確認の方法ですが、寝る前の血圧と起床時の血圧の差と平均を調べます。どちらも上の血圧で計算してください。

①朝の上の血圧値-夜の上の血圧値=差 →20mmHg以上
②(朝の上の血圧値+夜の上の血圧値)÷2=平均 →135mmHg以上

朝と夜の差が20mmHg以上、朝と夜の平均が135mmHg以上である場合、早朝高血圧の可能性が高いため、早めに医師に相談するようにしましょう。

 

2-3. 血圧の測定方法

家庭で血圧を測定するときのポイントを確認しておきます。

■朝の場合

起床後1時間以内の、食前・排尿後に測定します。椅子に座ってリラックスしてから測るようにして下さい。

■夜の場合

就寝前のリラックスした状態で測定します。同じく椅子に座った状態で、入浴や食事の直後は、血圧の変動が激しいので避けるようにして下さい。また多量の飲酒後は、夜だけでなく翌朝の結果にも変動をもたらすのでご注意を。

なお測定中は、くれぐれも動いたり、話したりしないように気をつけるといいといわれています。
医療機関での血圧測定時に会話などしてしまうと上の血圧が想像以上に高い数値を出すことがあります。緊張状態がダイレクトに血圧の値として現れるので、測定はリラックスして静かに臨むことが大切です。

 

2-4. 習慣にしたいこと

血圧を朝晩に測ることを習慣化していく上で、誰でも簡単にできる高血圧対策を一緒に実践してみて下さい。
それは「起床後に白湯を飲むこと、就寝前に水を飲むこと」です。
年齢とともに体内の水分量は減り、水分不足は体の様々なところに不調が出ますが、血圧も例外ではありません。

体内の水分不足は、「血管内の血液をドロドロにさせる」という話を聞いたことがある人も多いと思います。ドロドロの血液は血管内部を傷付けてしまい、血液の流れを悪くしてしまいます。

当然ながら血流の流れの悪さは、血圧にも悪影響を及ぼしてしまうので、意識して水分を取るようにすることをおすすめします。

 

3.おすすめの血圧計は?

血圧を測るためには家庭用の血圧計が必要ですが、お持ちではない方のために、血圧計を紹介します。

 

3.1. オムロンコーリン 上腕式血圧計HEM-9200T

ボタン1つで操作ができるシンプル設計で、大きな液晶画面で見やすく使いやすさを追求した上腕式血圧計です。

オムロンコーリン 上腕式血圧計 HEM−9200T

オムロンコーリン 上腕式血圧計 HEM−9200T

出典:オムロンコーリン 上腕式血圧計 HEM−9200T

▶ HEM-9200Tの購入はこちらから

 

この血圧計は、ウェルビーの健康管理アプリ「Welbyマイカルテ」と連動可能です。
Welbyマイカルテ」は、オムロンヘルスケアが医師とともに作り上げた血圧管理プログラムである「メディカルリンク」の基本機能を搭載しているので、医療者推奨の血圧管理アプリです。
血圧計で測定したデータをアプリで管理、そして医療者に共有できるので簡単、便利に血圧測定ができます。
このアプリは、生活習慣病患者さんに向けたものなので、日々の血圧管理や、患者さんの測定データを自動的にグラフ化して医師と共有可能なので、合わせて使用することをおすすめしています。

 

 

3.2. エー・アンド・デイ 24時間血圧計(ABPM)TM-2433

通常の血圧計ではなく、24時間測定したい人は、こちらがおすすめです。
24時間装着したままで、設定した時間間隔ごとに血圧を自動測定してくれます。
24時間血圧計は一日の血圧のリズムや変動する様子が分かるため、白衣高血圧や、服用している薬がどのように効いているかが自分で分かります。

なお24時間血圧計では、24時間全ての血圧の平均値が、上の血圧が130㎜Hg以上、または下の血圧が80㎜Hg以上であることが、高血圧の目安とされています。

エー・アンド・デイ 24時間血圧計(ABPM)TM-2433

エー・アンド・デイ/A&D 24時間血圧計(ABPM)TM-2433

出典:エー・アンド・デイ 24時間血圧計(ABPM)TM-2433

 

4.まとめ

朝と夜の血圧の差は、早朝高血圧につながっていきます。毎日の計測習慣で数値を知ることが、高血圧改善の第一歩です。
これから冬を迎え、特に血圧が上がりやすくなるので、自己管理を行っていきましょう。

 

参考:
株式会社エー・アンド・デイ
日本生活習慣病予防協会
アステラス製薬 なるほど患者ガイド



著者紹介

海老澤 由依

Welbyメディアライター

身内ががんになったことをきっかけに、医療、健康に強い関心を持つ。運動不足と不摂生な生活を自覚し、生活習慣病予防のために最近ヨガやウォーキングに目覚める。また重度の腰痛持ちのため、日々のストレッチと骨盤ベルトは欠かせない。趣味は史跡・温泉地巡りと高校野球観戦。


本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス