新たな血糖測定器が登場!血糖測定器(アークレイ|グルコカード Gブラック(GT-1830))と「Welbyマイカルテ」の連携で、毎日の血糖測定がより手軽に

新たな血糖測定器が登場!血糖測定器(アークレイ|グルコカード Gブラック(GT-1830))と「Welbyマイカルテ」の連携で、毎日の血糖測定がより手軽に

1型糖尿病や2型糖尿病の患者さん、妊娠中・または妊娠を希望される方、頻繁に低血糖を起こす方などは医師から病院やクリニックだけではなく、自宅でも血糖の測定をするようにと指導をされることがあります。以前は測定した数値を血糖値手帳などの紙に記録することが一般的でした。

しかし、IT技術の発達にともない、昨今様々なデジタルツールが生み出され、血糖値の記録も紙からデジタルに移行する時代がきています。近年では血糖値を記録するためのアプリも数多く提供されるようになりました。さらに、BluetoothやNFCの機能が搭載された家庭用血糖測定器も発売され、測定した血糖値のデータを自動でスマートフォンに取り込み、管理できるようになりました。

今回はそんな血糖値を記録するためのアプリ「Welbyマイカルテ」、アークレイ社の血糖測定器「グルコカード Gブラック(GT-1830)」、そしてその連携方法をご紹介します。

 

 
1.血糖測定器と連動する測定したデータを自動で記録するアプリも出てきている

以前、当メディア内で海外のアプリをご紹介しましたが(参考:海外のヘルスケアアプリ事情(前編))、「Dario」や「Diabeto」などのスマホのアプリは、血糖測定器で測定したデータを飛ばして管理する機能があります。測定した数値を手書きで記録するよりも、より手軽で、かつ記入ミスや記入忘れも少なくなり、より正確に記録できる手段として、海外ではこのような機能を持ったアプリ・測定器が普及し始めています。

参考:DarioHealth、ネット接続する血糖値測定器で米国市場における収益が2倍に増加
http://mhealthwatch.jp/global/news20160823

 

2.毎日血糖値を測定し、記録するうえで「手軽さ」が重要

日本国内で血糖測定器と連動できるアプリでおすすめは、「Welbyマイカルテ」というアプリです。
その理由は日本で数少ない、複数のメーカーの血糖測定器と連携しているアプリだからです。

参考:ウェルビー 血糖値の自動収集 アークレイの測定機器連携
http://welby.jp/post-8665/

血糖値とは1日や2日だけ測定すればいいものではなく、中長期に渡って記録をすることを医師から推奨されることがあります。何度も測定と記録をするため、いかに手軽に、正確に計測していけるかというのは、血糖測定器を選ぶ際に重要なポイントになるのではないでしょうか。

そこで、本エントリーでは日々の血糖値や血圧などを記録する自己管理ツール(アプリ)である「Welbyマイカルテ」とアークレイ社の「グルコカード Gブラック(GT-1830)」、そしてその連携の仕方をご紹介したいと思います。

 

3.「Welbyマイカルテ」とは?

0

まずは「Welbyマイカルテ」について、簡単にご紹介します。

Welbyマイカルテ」は、糖尿病をはじめとする生活習慣病と向き合う患者さん専用のスマートフォンアプリです。生活習慣病の患者さんが、治療の一環として日々記録をする血糖値、血圧、食事や運動量を記録して、ご自身の管理・振り返りに活用したり、SNS機能を利用して医療者・家族と情報を共有することができます。iOS(iPhoneなど)、Android(Nexus、Xperiaなど)のスマートフォンで利用できます。

Welbyマイカルテ」の特徴は、血糖測定器などの機器と通信機能を利用して連携することです。手書き・手入力が不要になり、「かんたん」に「らく」に記録することができます(※1)。また、クリニックや病院のの主治医や管理栄養士さんに、アプリを介して日々の自己管理を見守ってもらうことで、治療に向き合うモチベーションを維持しやすくなります(※2)。

※1:「Welbyマイカルテ」と連携できる測定機器一覧はこちら
※2:「情報開示先ID」を入力し「Welbyマイカルテ」を導入している医療機関と繋がる必要があります。

 

4.グルコカード Gブラック(GT-1830)とは

how01_main

出典:http://www.arkray.co.jp/smbg/g-black/index.html

ちょうど手に収まるコンパクトなサイズで、使いやすさを追求されたアークレイ社の血糖測定器です。画面にもカラー液晶画面が採用されており、どんな方が使うのにも適したデザインです。測定する際にイラストで使い方を示してくれるので、操作に迷いにくいにころも良いですね。

 

5.機器連携のやりかた(導入)

■事前準備
血糖測定器と「Welbyマイカルテ」との連携のやり方をご紹介いたします。連携させるためには、下記の2つが必要です。
・iPhoneまたはAndroidのスマートフォン(「Welbyマイカルテ」に対応したOSのもの)
・グルコカード Gブラック(GT-1830)

まだ「Welbyマイカルテ」をご利用でない方は、先にアプリをダウンロードし会員情報の登録をすませましょう。
<「Welbyマイカルテ」のダウンロードはこちら↓>

Welbyマイカルテ

 

6.血糖値測定の前にやっておくと便利な事前設定

血糖測定器「グルコカード Gブラック(GT-1830)」は、Bluetooth通信を利用して「Welbyマイカルテ」にデータを送信します。測定後に自動でデータを連携させるためには、下記2点の設定をすることが推奨されています。(血糖測定器は、測定終了後に電源がOFFになります。)

・[測定後自動送信] 設定を [ON] にして、測定後に「Welbyマイカルテ」に即時に反映させる
Bluetooth設定で、測定後自動送信をONにしておくと、Gセンサーを取り外したときに、データの送信が自動で行われます。測定後即時に反映させたい場合は、下記手順にて事前に設定しておくと便利です。

■手順
1.[メニュー] – [機器設定] – [Bluetooth設定] – [ON・OFF設定] を開きます。
2.[通信] を [自動]、[測定後自動送信] を [ON] にし、[登録] ボタンを選択します。

・測定時間帯(食事前後の時間帯)を設定して、測定時間に合わせてタイミングを自動付与する
測定時間帯を設定しておくと、「Welbyマイカルテ」にデータ連携がスムーズに行えます。

■手順
1.[メニュー] – [個人設定] – [測定時間帯設定] を開きます。
2.[入力] を、[自動] または [手動] にし、[登録] ボタンを選択します。

 

7.「Welbyマイカルテ」と血糖測定器の連携のやり方

1.Bluetooth連携設定を行う
最初に、ご利用の血糖測定器と「Welbyマイカルテ」を連携します。
まず、血糖測定器の設定を行います。

【注意】この記事内のスマートフォンの画面は、iPhoneです。Androidの場合は、画面のイメージが異なりますが、手順は同じです。

1-1.[血糖測定器] の電源をオンにします。

1-2.[メニュー] を表示させ、
– [機器設定]
– [Bluetooth設定]
– [デバイスリスト]
の順に開きます。

1

1-3.リストの中から、[未登録] となっている項目を選択します。

2

1-4.[このメーターのパスワード]
が表示されます。

3
続いて、スマートフォンと血糖測定器を連携します。

1-5.「Welbyマイカルテ」にログインし、右下の [機器連携] ボタンをタップします。
リストから、[アークレイ血糖測定器] をタップします。

4

1-6.[Bluetoothペアリングの要求] 画面が表示されたら、[ペアリング] をタップします。

5

1-7.[計測機器とペアリング] 画面の枠に、血糖測定器で表示されている [このメーターのパスワード] の数字を入力します。
6

[ペアリングを開始] ボタンをタップします。

1-8.[Bluetoothペアリングの要求] 画面が表示されたら、[ペアリング] をタップします。

7

1-9.スマートフォンと血糖測定器のペアリングが完了します。

8

【スマートフォン側】
画面に [ペアリングが完了しました] と表示されますので、[OK]をタップします。
【血糖測定器側】
[iPhoneが検出されました] と表示されます。
 

以上で、スマートフォン(「Welbyマイカルテ」アプリ)と血糖測定器とのBluetooth連携設定は完了です。

 

8.血糖値測定後に、自動でデータを「Welbyマイカルテ」に連携する

2-1.「Welbyマイカルテ」アプリを起動し、[機器連携]ボタンをタップして、
[アークレイ血糖測定器]をタップします。

9
アプリの画面には、[計測を開始してください] 画面が表示されます。

2-2.血糖測定を行います。

10

このとき、スマートフォンの画面は、[計測を開始してください]画面が表示されている状態にしておいてください。

2-3.血糖測定が終了すると、自動でBluetooth連携が行われ、スマートフォンに測定結果が反映されます。

11

【血糖測定器】
自動で電源がOFFになります。
【スマートフォン】
[OK] ボタンをタップします。

2-4.連携したデータは、アプリの [血糖値] の項目で確認することができます。
12

 

9.まとめ

今回血糖測定器「グルコカード Gブラック(GT-1830)」と「Welbyマイカルテ」を連動させてみましたが、事前の設定さえしませてしまえば、あとは非常に手軽だと感じました。重症化予防や治療のための自己管理において、自分の状態を記録し把握することは非常に重要です。毎日続けるためには少しでも簡便であることが重要だと、実際に血糖測定器とアプリの連携を試して、感じました。

Welbyマイカルテ

著者紹介

南 洋佑

WelbyMedia専属ライター

学生時代に参加した医療系アプリ開発コンテストで、禁煙アプリを作り入賞したことで、医療に強い関心を持つ。体や食事、栄養の知識をより役立て、患者様に届けたいとの想いからWelby Mediaの編集を担当すべく、株式会社ウェルビー(Welby)へ入社。
元高校球児で体を動かすことが得意。大学の卒業旅行として、千葉県から福井県まで”ママチャリ”で旅をしたことも。「わかりやすく、面白く、親しみやすく」をモットーに、Welby Mediaの記事の執筆に従事する。


本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス