ITを活用する先進的医療機関まとめ(東京都編) ~アプリで生活習慣病を予防・管理する時代~

01

こんにちは!Welbyメディア 編集の岸です。

近年のITの進化は目覚ましいものがあり、さまざまなサービスがIT技術によって生み出されたり、また従来に比べて格段に便利になったりとしています。本エントリーでは、「糖尿病」や「高血圧」、「脂質異常症」などの生活習慣病の患者さんにとって便利な、IT技術を生かした治療やサービスを展開している医療機関の一部を紹介していきます。今回は患者さん向けのITサービスを活用している東京都のクリニックの一部を掲載します。

 
スマホアプリで患者さんは生活習慣の記録や検査値の測定、記録が便利に

ITの普及といえば、最もイメージしやすいものの一つにスマートフォンがあります。電話やメール、簡易的なインターネットの閲覧が限界だった従来の携帯電話(いわゆるガラケー)に、さらにアプリという概念が加わり、あらゆることの利便性が向上しました。チャット型のコミュニケーションアプリ(LINEなど)やニュースアプリ、SNSアプリ(Facebookなど)をご利用の方も多いと思います。

医療においても、特に「糖尿病」や「高血圧」、「脂質異常症」などの生活習慣病の領域にITの発展の波は押し寄せており、さまざまなことが便利になっています。
 

(1)スマホで食事、運動、検査値を記録
糖尿病」や「高血圧」、「脂質異常症」の患者さんは食事や運動、血糖値などの検査値や体重などを記録、管理することがありますが、それをスマートフォンのアプリで実現できるようになりました。患者さんは今までノートや手帳に自分の生活習慣や検査値を記録していましたが、それらを普段携帯しているスマートフォンでできるので、非常に便利になりました。

(2)スマホと連携した測定器の登場で、測るだけで検査値を記録・グラフ化
近年では、通信規格の一つであるBluetooth®やおサイフケータイなどと同様の仕組みであるNFCを活用して、自宅の測定器で血圧や血糖値、体重を測るだけで、自動的にスマートフォンに記録が転送され、保存・保管ができる仕組みを導入するアプリも登場しました(Welbyマイカルテなど)。
また、従来の手書きでの検査値の管理ではできなかった、検査値のグラフ表示が自動化されたことも、IT技術の進化の恩恵の一つといえます。

02
(参考:スマートフォンアプリWelbyマイカルテ

(3)クラウド技術で食事、運動、各種検査値を医療者につたえる
また、クラウドという技術が発達したことにより、患者さんが記録した食事、運動、血圧や血糖値、体重などの検査値のデータを記録した端末(パソコンやスマートフォン、タブレットなど)以外に保存することができるようになりました。データをセキュリティの担保された場所で管理することにより、端末が壊れてしまった場合でもデータを失うリスクを最大限に減らすことができます。また、データを許可した別の方に共有することも可能にしました。遠く離れた医師に、対面でなくても生活習慣や検査値をつたえることを可能にしました。
今までノートや手帳に記録していて、記録した紙を忘れてしまったり、紛失してしまったりした場合でも、クラウドを使えばデータを失うリスクが少なくなります。

クラウドとは
クラウド(クラウド・コンピューティング)は、コンピューターの利用形態のひとつです。 インターネットなどのネットワークに接続されたコンピューター(サーバー)が提供するサービスを、利用者はネットワーク経由で手元のパソコンやスマートフォンで使います。

(4)生活習慣病の患者さん支援のために、アプリの利用をおすすめする医療機関
生活習慣病の患者さんの治療や重症化予防のために、そして患者さんを思いより負担の少ない治療方法の提案のために、スマートフォンアプリを使うことを推奨している医療機関があります。次項ではそんな患者さんのために、IT技術の導入の一つとして、スマートフォンアプリ「Welbyマイカルテ」を導入し、患者さんに推奨をしている医療機関を紹介します。

Welbyマイカルテ

1.クリニック桜丘(JR、東京メトロ「渋谷駅」西口徒歩5分)

03
JR、東京メトロ渋谷駅西口から徒歩5分の通院、通学で多忙な患者さんに配慮した、通いやすいクリニック

■アクセス
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14-6-101
▶JR、東京メトロ「渋谷駅」西口 徒歩5分
TEL:03-3496-6789
URL:http://www.clinic-s.com/

■診療内容
・内科
・小児科
・人間ドック
・健康診断
・訪問診療
・鍼灸など

 

2.篠原クリニック(京急線「青物横丁駅」徒歩3分)

04
周囲の病院や診療所との連携医療のできる地域に根ざした、内科全般と神経内科、脳卒中の再発予防、アレルギーの診療のクリニック

■アクセス
〒140-0004 東京都品川区南品川3-6-36 南品川フラッツ101
▶京急線「青物横丁駅」徒歩3分
TEL:03-5479-7075
URL:http://www.shinohara-clinic.com/

■診療内容
・内科
・神経内科
・アレルギー科など

 

3.ブレインケアクリニック(東京メトロ「四谷三丁目」駅 徒歩2分)

05
日本初脳とこころの不調を改善し 豊かなエイジングと認知症発症予防を目指す新しいカタチのクリニック

■アクセス
〒160-0017 東京都新宿区左門町13番地 磯部ビル2階
▶東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分
▶JR中央・総武線「信濃町」駅 徒歩8分
▶東京メトロ都営新宿線「曙橋」駅 徒歩11分

TEL:03-3351-3386
URL:http://brain-care.jp/

■診療内容
・ブレインケア・プログラム
・栄養療法
・点滴療法
・アンチエイジング・コンサルティング
・ストレスチェック外来
・こころの健康外来(精神科保険診療)
・各種検査

 

4.キャップスクリニック代官山T-SITE(東急東横線「代官山駅」 徒歩5分)

06
生活習慣病に特化した医師がおり、専門外来を実施。行動科学を応用し、生活習慣の改善をサポートするクリニック

■アクセス
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17−5 代官山蔦屋書店1号館3階
▶東急東横線「代官山駅」 徒歩5分
▶東急東横線「中目黒駅」 徒歩15分
▶JR、東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」 徒歩15分
URL:http://www.caps-clinic.jp/daikanyama/

■診療内容
・小児科
・内科
・予防接種
・乳幼児・成人健診・検診
・生活習慣病専門外来

 

5.医療法人社団糖正会 飯田橋メディカルクリニック(JR「飯田橋駅」東口 徒歩5分)

07
糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病の患者さんに、その人に合った生活習慣を指導する糖尿病・生活習慣病専門クリニック

■アクセス
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-10 飯田橋エルシスビル2F
▶JR「飯田橋駅」東口 徒歩5分
▶東京メトロ「飯田橋駅」A2出口 徒歩4分
▶東京メトロ「飯田橋駅」A5出口 徒歩1分
▶JR「水道橋駅」西口 徒歩7分
▶東京メトロ「九段下駅」7番出口 徒歩9分
URL:http://iidabashimedical.com/

■診療内容
・生活習慣病専門外来
・栄養指導

 

Welbyマイカルテ

著者紹介

岸 倫太郎

Welbyメディア専属ライター

両親をはじめ医業に就く親族が多く、幼少期より医療に触れ、日本の医療の可能性と課題感を持つ。
ITを活用するなど、民間企業だからこそできる医療貢献の形があることを知り、2013年に、株式会社ウェルビーへ入社。
ウェルビーでは、経済産業省と共同で健康サポートに関する研究を推進するほか、
全国の病院・クリニックと連携し、PHR(Personal Health Record)の導入支援を担当。
現在は、生活習慣病患者さん向けの啓発活動などを担い、「Welbyメディア」に記事を執筆中。
患者さんへ「正しい情報」を「正しいタイミング」で「わかりやすく」伝えることをモットーに記事執筆の日々。


本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス