75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)とは①~どんな検査?

75g経口ブドウ糖負荷試験

1.75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)とは

糖尿病などの糖代謝異常を持つ場合、75g経口ブドウ糖負荷試験(以下、75gOGTT)という検査を実施したとき、または炭水化物の多い食物を摂取した後に健常者よりも血糖値が上昇し、糖質を摂取する前の血糖値に戻るのが遅れます。これを耐糖能の低下といいます。

75gOGTTは、この耐糖能を見るために、ブドウ糖を溶かしたものを飲み、ブドウ糖負荷後、30分後(必要に応じて)、1時間後、2時間後にそれぞれ採血を行い、血糖値を測定する検査です。また、血液中のインスリン濃度を測定することで、ブドウ糖に反応してインスリンが出ているか、インスリンの量は出ているかということを調べることができます。明らかな糖尿病症状がある場合には行うことは少なく、糖尿病の診断時に必ず必要な検査ではありませんが、将来糖尿病を発症するリスクが高いかどうかが検査の結果より読み取ることができる、とても意義の大きい検査でもあります。

2.75gOGTTの実施が推奨されるケース

75gOGTTの実施が推奨されるケースを下記に記します。

強く推奨されるケース

強く推奨されるのは、現在糖尿病の疑いが否定できない場合です。
・空腹時の血糖値が110~125mg/dl
・随時血糖値(食事と採血時間との時間関係を問わずに測定した血糖値のこと)が140~199mg/dl
・HbA1cが6.0~6.4%のもの(ただし、明らかな糖尿病の症状が存在するものは除きます)

行うことが望ましいとされるケース

これは将来糖尿病を発症する危険性が高いグループ、高血圧、脂質異常症、肥満など動脈硬化のリスクをもつ方に関しては、特に75gOGTTの検査の実施が望ましいとされています。
・空腹時血糖値が100~109mg/dl
・HbA1cが5.6~5.9%
・上記を満たさなくても、濃厚な糖尿病の家族歴や肥満が存在する

(参照:日本糖尿病学会編・著 糖尿病治療ガイド2014-2015)

次回は、実際の75gOGTT検査内容と、検査結果からわかることなどを紹介していきます。

Welbyメディア関連記事
75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)とは②~どんなことがわかる?
血糖値スパイクとは?血糖値が乱高下!? 糖尿病・心筋梗塞・動脈硬化対策を


執筆者紹介
about-photo01

管理栄養士・糖尿病療養指導士
加藤知子
URL: http://shokusupport.com

急性期の病院勤務を経て、外来栄養指導や訪問栄養指導に携わっている。現在は透析クリニックにて、通院患者さんの栄養状態の管理や食事相談を担当している。 WEBサイト・雑誌・書籍へのレシピ提案も精力的に行っている。


本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。

糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス