気軽に続けられるウォーキング!歩数を増やそう

150326_アイキャッチ

桜が咲き始め、日中では春らしい陽気の日が続くようになりました。春は別れと新たな始まりの季節。何か新しいことを始めたくなる季節でもありますね。

今回のテーマは運動です。「運動」と聞くと、なんらかのスポーツや、ジムでのトレーニングなどを想像し、身体を動かす習慣がない方は身構えてしまうかもしれません。しかし、歩くことも立派な運動。毎日の歩数を増やすことから始めてみてはいかがでしょうか?

■もはや1人1個の時代?MY歩数計を持とう!

みなさんは歩数計をお持ちですか?私Tomoko先生はキーホルダータイプの歩数計を使用しており、1日の消費エネルギー、歩数、運動時間を計測しています。過去に洗濯機で洗ってしまったことがあるため、現在は防水で洗濯機OKのものを使用しています。
歩数計は歩数をカウントするものですが、活動量計は歩いたり走ったりする以外にも、座ったり安静にしているときの活動量を測定することができます。健康管理に効果がありそうですね。
形状も様々で、腕時計タイプ、リストバンドタイプ、ペンダントのように首から下げたり、クリップ、キーホルダータイプなどがあります。家電製品店に行きますと、たくさんの歩数計を試すことができます。お気に入りの相棒を見つけてください。

Tomoko先生の活用例をご紹介します。自宅のなかでの歩数は計測せずに、外出する際にズボンのポケットに入れてから出かけています。ここ1週間の平均値を見てみると、5,000~10,000歩と日によって差があります。デスクワークが中心ですので、座っていることの多い日は歩数が少ないようです。外出をして電車の乗り換えがあると、歩数は自然と多くなります。
「今日は少し歩数が少ないな」と感じたら、10分程度歩いて1,000歩前後ほど増やすこともあります。数字で結果がでると、身体を動かすことへの意識が高まりますね。

■歩数を増やすためのコツ

・エレベーター・エスカレーターは使用せずに階段を使う
・電車乗車時は、改札から離れたところまで歩く。
 面倒かもしれませんが、少し遠くの車両まで歩くと、意外と歩数が増えるものです。
・自転車ですぐ、の距離を歩く
・駐車場では入り口から遠くに停める
・お気に入りの散歩コースを決める
 10分コース、20分コース、30分コースなど、オリジナルのコースを決めてみてはいかがでしょうか。
 自宅から図書館まで10分、〇〇駅から〇〇駅まで1駅分歩くと15分、〇〇駅から美味しい料理屋さんまで20分!など目安が分かると歩くのが楽しくなります。
・雨の日は室内で
 屋内でショッピングを楽しんだり、階段を使ったりすると歩数が増えます。

これからの季節は歩きながら桜をはじめ春の花々を楽しむのも良いですね。

執筆者紹介

about-photo01

管理栄養士・糖尿病療養指導士
加藤知子
URL: http://shokusupport.com

急性期の病院勤務を経て、外来栄養指導や訪問栄養指導に携わっている。現在は透析クリニックにて、通院患者さんの栄養状態の管理や食事相談を担当している。 WEBサイト・雑誌・書籍へのレシピ提案も精力的に行っている。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス