質の良い油の選び方①

150205

今回より2回にわたって「質の良い油」についてお話していこうと思います。
「あぶら」と聞くと、どのようなものを想像しますか?さらさらした透明な液体の油でしょうか?固まったバターでしょうか?肉の脂身ですか?
辞書では「油」は液体のもの、「脂」は主に固体状のあぶら、と書いてあることがあります。形状にかかわらず、どちらも「脂質(ししつ)」と呼ばれる物質で、脂質の大部分は中性脂肪で、そのほかは脂肪酸とグリセロールというものからできています。脂質は、肉や魚、乳製品、植物油、魚油、バター、ラード、牛脂、種実などに多く含まれています。

三大栄養素とは、「炭水化物」、「たんぱく質」ともうひとつが「脂質」です。なかでもこの「脂質」は1gあたり約9kcalという少量でも高エネルギーの栄養素です。体内で利用されなかった脂質は皮下脂肪として貯蔵されたり、細胞膜やホルモンなどをつくる材料にもなっています。

脂質の主成分である脂肪酸には、動物性の脂肪に多く含まれる「飽和脂肪酸」と、植物性の脂肪に多く含まれる「不飽和脂肪酸」の2種類があります。
現代は肉類や乳製品などの「飽和脂肪酸」の摂りすぎにより、血液中の脂質が増加して脂質異常症(高LDL(悪玉)コレステロール血症)や、動脈硬化などの健康障害を引き起こしています。

一方で、「不飽和脂肪酸」は、血液中の中性脂肪やコレステロールを調整する働きがあります。近年では健康志向が高まっているので「あぶら控えめ」が推奨されがちですが、体内で合成されない「必須脂肪酸」については、先ほどお話したとおり体の細胞膜やホルモンをつくる材料となりますので、体内のほぼ全ての機能に関係していて、体にとっては不可欠なものです。例えば、不飽和脂肪酸・オメガ3(n-3系)は、青魚やエゴマ油・アマニ油などに含まれ、オメガ6(n-6系)は、べにばな油やひまわり油などに含まれ、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールの低下が期待できると言われているので、是非食事に取り入れてほしい脂質です。

ふだん肉料理が多い…という方は、青魚を食べる頻度を増やしてみてはいかがでしょうか。

脂肪酸の種類と、血液中の脂質への影響
150205-01

<関連記事>
質の良い油の選び方②
http://media.welby.jp/alimentotherapy/7281/

執筆者紹介

about-photo01

管理栄養士・糖尿病療養指導士
加藤知子
URL: http://shokusupport.com

急性期の病院勤務を経て、外来栄養指導や訪問栄養指導に携わっている。現在は透析クリニックにて、通院患者さんの栄養状態の管理や食事相談を担当している。 WEBサイト・雑誌・書籍へのレシピ提案も精力的に行っている。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス