ムメフラールで血液さらさらに!食欲の秋、子供と一緒に作れる運動会のおかず〜「梅肉エキスと紫蘇でイワシのクルクル巻き」を作ってみた〜

ムメフラールで血液さらさらに!食欲の秋、子供と一緒に作れる運動会のおかず〜「梅肉エキスと紫蘇でイワシのクルクル巻き」を作ってみた〜

こんにちは!Welbyメディア編集の川田です。
秋真っ盛りのこの時期、食欲の秋、運動の秋です。運動会などお子さんのイベントも多い秋は簡単に、そしてたくさんの量の食事を作る機会がある方もいるかと思います。
しかし、食欲の秋だからといって、過剰に食べ過ぎてしまうと「糖尿病」や「高血圧」、「脂質異常症」などの生活習慣病になったり、そして血液がドロドロになってしまっては大変です。
そこで、本エントリーではそんな秋にぴったりのメニューで、お子さんと一緒に簡単に作れる健康レシピに注目し、「梅肉エキスと紫蘇でイワシのクルクル巻き」をご紹介します。

1.梅肉エキスのムメフラールで高血圧を予防する

梅肉エキスのムメフラールで高血圧を予防する

梅肉エキスのムメフラールで高血圧を予防する

梅肉エキスに含まれるムメフラールとは、平成11年に農林水産省食品総合研究所が発見して命名した新生物質です。天然の梅や梅干しには含まれていない物質で、梅の果汁を煮詰めて梅肉エキスを作る過程でできるものです。

ムメフラノールの効果として、血液の流れを良くする作用があるのではないかと言われています。血液の流れが悪くドロドロとしている状態だと、「心筋梗塞」や「脳血栓」、「狭心症」などのリスクが高まります。「高血圧」などは、自覚症状がないことが多く、「サイレントキラー(静かな殺し屋)」と呼ばれることもあります。
普段の食事を見直すことで、病気になりにくい体をつくることはとても大切です。

梅干しと梅肉エキスの違い

同じ梅でも、実は梅干しには10〜20%ほどの食塩が使われており、「高血圧」の患者さんの一部など食塩摂取量を控えるように医師から指導を受けている方などには、なかなか食べづらい食品の一つであると思います。

しかし、梅肉エキスのほとんどは、食塩を一切使っていません。「クエン酸」などの体に良い栄養分が多い梅ですが、塩分が高いという理由だけで食べないのはもったいないですよね。余計なものの入っていない食材を選ぶことは、健康への第一歩と言えると思います。

過剰な添加物をカットすることを普段から意識することで、同じ量食べてもより健康に良い食事に早変わりすることができます。またそれが積み重なることで、結果は大きく変化します。

2.運動会や野外イベントのおかずにもピッタリ

運動会や野外イベントのおかずにもピッタリ

運動会や野外イベントのおかずにもピッタリ

スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋。10月は夏の暑さも過ぎて、外に出るのも気持ち良い季節ですよね。
お子さんの運動会や同僚やお友達とピクニックなんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「食事を見直したいけれど、味のない食事は食べた気がしない」という方もいらっしゃると思います。
そこで、きちんと味がついていて美味しい健康食、というのに注目してメニューを作りました。

イワシにしそと梅をくるくると巻いて熱を通せば出来上がるこのメニューならば、何人前も作るのも難しくありません。
しかも、ひとつひとつ爪楊枝がついているので、手を汚さずに気軽に取り分けも可能で、持ち寄りパーティーなどにおすすめの一品です。

お子様から大人まで、幅広く美味しく食べられるイワシの梅しそ巻きで、健康な秋を過ごしてはいかがでしょうか。

3.メニューのご紹介

栄養素(一人前)
カロリー:177.5kcal
塩分:2.5g
炭水化物:2.4g
タンパク質:16.3g
脂質:11.2g
食物繊維:0.7g
(カロリーSlimより)

材料(一人前)
いわし:1尾
梅肉エキス:10g
青じそ:1枚
ごま油:適量
醤油:適量

4.作ってみましょう

(1)イワシを三枚におろす
イワシを三枚におろす

(2)イワシの身の方に梅肉エキスをたっぷりと塗る
イワシの身の方に梅肉エキスをたっぷりと塗る

(3)さらに青じそをひいて、クルクルと巻く
さらに青じそをひいて、クルクルと巻く

(4)巻が緩まないよう楊枝でとめて形をととのえる
巻が緩まないよう楊枝でとめて形をととのえる

(5)ごま油を適量フライパンにひいて、巻き終わりの部分から中火で焼く
08

(6)全体に火が通ったら完成
09

5.まとめ

梅は三毒を断つともいわれ、「体内の水分」「血液」「食事や食生活」から入る有害な物質を取り除いてくれると昔から長く食べられてきました。
また、瀬戸内海の名物「イワシ」は広島県では、七度洗えば鯛の味といわれるほど、日頃からよく食卓に並ぶ美味しい一品であるとともに、青魚には、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富に含まれていて、脂肪や糖分の吸収を抑える効果があるといわれています。
「梅肉エキスと紫蘇でイワシのクルクル巻き」は非常に簡単で、そしてお子さんと楽しく、たくさん作れるレシピです。
ぜひ一度、お子さんと一緒にお試しください。

なお、「糖尿病」や「高血圧」、「脂質異常症」などの生活習慣病の治療やダイエットには食事の管理が重要です。
パソコン、スマートフォンでご利用いただける「Welbyマイカルテ」では、食事の記録、管理が簡単にでき、振り返ることができるので、是非お試しください。
ご利用は無料です。※パケット料金はご利用者様の負担です。

<関連記事>

今年のハロウィンは一味違う!おいしい!低カロリーレシピ 〜「電子レンジで簡単!鶏肉と野菜でジャック・オ・ランタンロール」を作ってみた〜
今年のハロウィンは一味違う!おいしい!低カロリーレシピ 〜「電子レンジで簡単!鶏肉と野菜でジャック・オ・ランタンロール」を作ってみた〜
糖尿病や低血糖症の患者さんに!「低GI値食品」を使った簡単健康レシピ
糖尿病や低血糖症の患者さんに!「低GI値食品」を使った簡単健康レシピ 〜「秋の味覚の王様“松茸”でつくるほかほか炊き込みご飯」を作ってみた〜
尿病や低血糖症の患者さんに!「低GI値食品」を使った簡単健康レシピ 〜「秋の味覚の王様“松茸”でつくるほかほか炊き込みご飯」を作ってみた〜
お酢の力で心筋梗塞を予防!今日からつくれる簡単健康レシピ 〜「血液さらさらバルサミコ酢で秋刀魚(さんま)の蒲焼き」を作ってみた〜
メタボ・糖尿病対策“低糖質”の簡単でおいしい食生活を ~「鮭とキャベツの味噌マヨ焼き」を作ってみた~
メタボ・糖尿病対策“低糖質”の簡単でおいしい食生活を ~「鮭とキャベツの味噌マヨ焼き」を作ってみた~
高血圧の“敵”、食塩を使わずに、簡単でおいしい食生活を 〜「ターメリックとローズマリーの減塩焼きサバ」を作ってみた〜
高血圧の“敵”、食塩を使わずに、簡単でおいしい食生活を 〜「ターメリックとローズマリーの減塩焼きサバ」を作ってみた〜


著者紹介



本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス