【宅配食活用のススメ】チキンのトマト煮献立~糖尿病療法食~

150209

■おかずのみで240kcalのセットメニュー■

【主菜】(商品コード)05402301 チキンのトマト煮
【副菜】(商品コード)01760802 まごの手惣菜セット40
惣菜セット内容:豚肉と切干大根の韓国風、刻みおくらの胡麻和え、昆布豆


■糖尿病・腎臓病など、食事制限が必要な方にも安心してお召し上がりいただけます■

【カロリーや塩分を抑えたい方】
具体的には・・・
・1日の摂取エネルギーが1600kcalに抑えたい
・1食あたり、おかずのみで240kcal、
お茶碗一杯(170g)と一緒にたべると520kcalとなります。
・食塩相当量:2.5g以下
・体重が気になる方へもおすすめです。

【たんぱく質摂取量を1日60gに抑えたい方】
具体的には・・・
・1日の摂取エネルギーが1800kcalに抑えたい
・1食あたり、おかずのみで240kcal、
お茶碗一杯(220g)と一緒に食べると600kalとなります。
・食塩相当量:2.0g以下
・透析をされている方

 

■トマトの素材を生かした調理法■

「素材の味を味わう」というと採れたて新鮮な食材をそのまま食べる!!というのも1つ挙げられますが、生で食べるより、加熱をすることによって甘みが増したり、栄養を効率的に摂取することができるものもあります。

トマトは加熱をすると青臭さが消え、甘さが増します。トマトには「旨み」の成分である「グルタミン酸」が多く含まれています。「グルタミン酸」は、昆布の旨みで有名な成分ですが、かつお節の旨み成分である「イノシン酸」と一緒にだしをとると、成分の相乗効果で旨みが増します。
今回ご紹介するチキンのトマト煮には、旨み成分が多く含まれているので、おいしく感じるのです。


とまと

また、トマトには様々な栄養素が含まれていますが、特に「リコピン」が有名です。トマトの赤はこの「リコピン」からなるものなのです。
太陽によく照らされて育ったトマトはこの「リコピン」が多く含まれています。
ビタミンCは、加熱することで壊れてしまいますが、リコピンは熱に強く、油と一緒に摂取することで、体への吸収が効果的になります。ちなみに、「リコピン」の主な効能は「抗酸化作用」で、疾病予防にもなると言われています。

そんなトマトをチキンと一緒に煮込んだ 05402301チキンのトマト煮献立を、是非ご賞味下さいね。

◆グローバルキッチンがご提案する食事療法食は、「主菜」と「まごの手惣菜セット」を組み合わせることによって、簡単にお食事のご用意が可能です。栄養バランスが整ったお食事を冷凍にして、ご自宅までお届けします。食事で簡単、栄養管理!
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhoushoku.html
※糖尿病や腎臓病などの食事療法にご利用の場合は、かかりつけの主治医や管理栄養士の指示に従ってご利用下さい。

◆エネルギー調整食の栄養基準はこちら↓
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhou02-energy.html

◆たんぱく質調整食(60g、40g)の栄養基準はこちら↓
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhou03-protein.html

◆グローバルキッチンってどんな会社?
http://www.magonote-kitchen.jp/index.html

執筆者紹介

まごの手キッチン

グローバルキッチン株式会社
商品部 主任 管理栄養士
さやか先生
URL:http://www.magonote-kitchen.jp/index.html

管理栄養士養成大学を卒業後、飲食店や学校給食など様々な食の現場を経験。
献立作成、メニュー開発、栄養相談等多岐に渡り、従事。現在はグローバルキッチン株式会社にて主任管理栄養士としてメニュー開発中心に実務を行い、この業界におけるリーデイングカンパニーに恥じない献立の提供を目指している。そして、お食事を簡単に手軽においしくみなさまの食卓へ運べるよう、日々開発をすすめている。また、療法食の開発において、業界で初めて簡単調理で美味しく召し上がって頂く為のセット献立を企画開発、献立提供をしている。安価で美味しいと業界内では、話題。
当初、法人向けで販売を開始したが、個人からの問い合わせが増え、2014年10月から本格的にインターネット通販での販売を開始した。

バナー_管理栄養士が考えた献立メニュー


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス