お鍋料理の「メリット」と「注意点」

12月8日シルバーの生姜煮献立

みなさんこんにちは。グローバルキッチンのさやかです。ヽ(*´∀`*)ノ.+゚
先週火曜日頃から、急に寒くなり始めてきました。みなさんは、風邪などひいていませんか?室内と外で寒暖の差が激しいので、体調管理には十分気をつけて下さいね。

そんな、寒い日に食べたい料理の1つが「お鍋」ではないでしょうか?
我が家でも何度も食卓に登場しております。調理も簡単ですしね!!
本日は、お鍋の食べ方についてお話したいと思います。

「寄せ鍋」、「すき焼き」、「モツ鍋」、「湯豆腐」…様々なお鍋料理がありますね。最近では「カレー鍋」や「トマト鍋」なども定着しつつあります。
お鍋は野菜を沢山食べることができる最高の料理だと思いませんか?ヽ(´∀`。)ノ
お鍋料理の「メリット」と「注意点」をお話しさせて頂きます。ヾ(・ε・`*)

まず初めに「メリット」
①野菜を無理なくたくさん食べることができる。
→加熱をするので、生野菜を食べるよりカサが減り、無理なく食べることができます。サラダのように、ドレッシングなどをかけなくても出汁の染みたお野菜ならそのまま食べることができます。

②普段意識しないと食べない食材を食べることができる。
→「大豆・大豆製品」や「きのこ類」を普段ちゃんと食べていますか?
「お豆腐」や「油揚げ」などは、普段のお食事では冷奴やお味噌汁の具程度で、意識して食べなければ一日食べない可能性が高い食品です。「きのこ類」も同様です。
ただ、お鍋となると話しは別。お鍋の具材に登場する頻度が高くありませんか?特にきのこは食べる量をはかったり、計算する必要がない食材の1つです。ミネラルや食物繊維などを多く含む食品なので、積極的に食べましょう。

「メリット」ばかりではありません。もちろん「注意点」も存在します。ヾ(・ε・`*)
①「すき焼き」、「モツ鍋」はご注意!!
「すき焼き」は割り下にたっぷりの砂糖と醤油が使用されます。また「モツ鍋」に使用される「モツ」はエネルギーが高く、コレステロールも高い為、お勧めはできません。

②「湯豆腐」、「常夜鍋」などの単品鍋にはご注意!!
「湯豆腐」はお豆腐としいたけ、ねぎのみ…「常夜鍋」は豚肉とほうれん草のみ…食事のバランスが良いとは言いにくい内容のお鍋もあります。「寄せ鍋」などの様々な食材の入ったお鍋をおススメします。

③低血糖にご注意!!
→たっぷりの野菜と適度なたんぱく源がとれるお鍋ですが、炭水化物を含む食品がほとんどないのです。しめはご飯を入れて「おじや」にするのがお勧めです。ご飯が少なくてもご飯が汁を吸い、カサが増えて、たくさん食べたように感じます。(勿論、食べすぎには注意ですよ?)。
また、お餅をお鍋に入れる際はご注意を!!以前、お雑煮のときに「餅を食べる際の注意点」をお話ししました。思い出しましたか?(思い出していない…まだ、読んでいない方はコチラ⇛http://media.welby.jp/alimentotherapy/6329/)気をつけましょう。

お鍋は、同じ料理をみんなで囲んで食べるので、楽しく食事ができますよね!!みんなで楽しく食事を食べましょう!!ヽ(´∀`。)ノ

今週のおすすめメニューはこれヽ(*´∀`*)ノ.+゚
シルバーの生姜煮献立
【主菜】(商品コード)03001081 (個食)シルバーの生姜煮献立
【副菜】(商品コード)01760805 まごの手惣菜セット43
→(セット内容)豚肉といんげんの炒め物、チキンマリネ、昆布豆
【対象者】エネルギー調整食、たんぱく質調整職(たんぱく質60g)の方

生姜の風味がある少し甘めのタレがタンパクなお魚によく合います。煮物、炒め物、和え物が揃った惣菜セットで、バランスの良いお食事を!!

◆グローバルキッチンがご提案する食事療法食は、「主菜」と「まごの手惣菜セット」を組み合わせることによって、簡単にお食事のご用意が可能です。栄養バランスが整ったお食事を冷凍にして、ご自宅までお届けします。食事で簡単、栄養管理!
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhoushoku.html
※糖尿病や腎臓病などの食事療法にご利用の場合は、かかりつけの主治医や管理栄養士の指示に従ってご利用下さい。

◆エネルギー調整食の栄養基準はこちら↓
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhou02-energy.html

◆たんぱく質調整食(60g、40g)の栄養基準はこちら↓
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhou03-protein.html

◆グローバルキッチンってどんな会社?
http://www.magonote-kitchen.jp/index.html

執筆者紹介

まごの手キッチン

グローバルキッチン株式会社
商品部 主任 管理栄養士
さやか先生

管理栄養士養成大学を卒業後、飲食店や学校給食など様々な食の現場を経験。
献立作成、メニュー開発、栄養相談等多岐に渡り、従事。現在はグローバルキッチン株式会社にて主任管理栄養士としてメニュー開発中心に実務を行い、この業界におけるリーデイングカンパニーに恥じない献立の提供を目指している。そして、お食事を簡単に手軽においしくみなさまの食卓へ運べるよう、日々開発をすすめている。また、療法食の開発において、業界で初めて簡単調理で美味しく召し上がって頂く為のセット献立を企画開発、献立提供をしている。安価で美味しいと業界内では、話題。
当初、法人向けで販売を開始したが、個人からの問い合わせが増え、この10月から本格的にインターネット通販での販売を開始した。
URL:グローバルキッチン株式会社


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス