地域によってちがう「お雑煮」の中身と味付け

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなさんこんにちは。グローバルキッチンのさやかです。ヾ(o´∀`o)ノ
先週のクイズの答えはわかりましたか?
出題したクイズは、「お正月に使ってはいけない調理道具とはいったい何でしょうか?」というものでした。
正解は、「包丁」でした!!
元旦の日くらいは、女性が台所に立ち包丁を使わなくてもいいようにと「おせち料理」を作るという説があります。
正解された方はいらっしゃいますか?お正月に行うことには、ひとつひとつに意味があるのです(o^ω^o)

今日は、「おせち料理の三段目のお重に詰められたお料理の込められた願い」と「お餅」の食べ方についてお話しをします。

いよいよ、
【三の重】
三の重には、「お煮しめ」を詰めます。
「お煮しめ」には、様々な具材が一つの鍋で一緒に炊かれています。これは、家族が仲良く結ばれるようにと願いが込められているそうです。

にんじん、たけのこ、こんにゃく、高野豆腐…様々な食材がお重に色とりどりに詰められているのをみると、普段よく食べる煮物でも特別なもののように感じられるので不思議です。

ところで、みなさんのお住まいの「お雑煮」はどのようなものですか。
お正月の料理で欠かせないものの1つ「お雑煮」。
一言で「お雑煮」と言っても、地域によってお椀の中身が異なる料理です。
今日は、地域別にお雑煮の中身を比較してみましょう。

「お雑煮」は、大きく3種類の味付けに分けられるようです。(o^ω^o)
全国的に多い「すまし汁仕立て」。
北陸、近畿地方にかけての「みそ仕立て」(北陸は赤みそ。近畿は白みそに分類。)
山陰地方は「小豆汁仕立て」。
どれもおいしそうですね。(o´▽`o)

また、お餅のかたちにも特徴があり、角餅や丸餅、丸餅の中にあんこが入っているものも。また、お餅は入れず、代わりに里芋を入れるという地域もありました。
その土地でとれた野菜や魚、肉などの食材を使用している為、様々なお雑煮ができるようです。

ちなみに、我が家では大根や人参、ごぼうなどたっぷりの野菜を醤油ベースの汁にお餅を入れた「お雑煮」を毎年食べています。また、残ったお餅は、「きなこ」や「ごま」、「くるみ」、「からみ(大根おろし)」、「ずんだ」、「小豆」などをお雑煮とは別に用意し、好きな味で食べるのが例年のお餅の食べ方です。もち文化が発達した岩手県一関市ではなんと300種類以上の食べ方があるそうです。Σ(゚д゚ノ;)ノ

ご飯とお餅を比較すると、精白米のご飯1単位:50gに対し、お餅が1単位:35gと1単位当たりの重量が少ないことがわかります。(1単位当たりの重量が高いということは、グラム当たりのエネルギー量が高いということがわかりますね。)
お餅はもち米をつぶして作られるので、同じ重量でもやはりご飯よりお餅の方が見た目のボリュームが少なく見えてしまい、2個、3個と食べ過ぎてしまいます。
ついつい食べ過ぎてしまい、血糖コントロールがうまくいかず、お正月明けの診察で注意を受けた経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お雑煮は一見汁物のようですが、お餅が入っているので主食であることを忘れないようにしてください。また、お正月の食事は普段食べている食事より野菜を使った料理が少ないと前回お話しました。お雑煮に野菜をたくさん入れてみてください。ボリュームも出るので、見た目もお腹も満足するはずですよ。Σd(ゝω・o)

グローバルキッチンでは、3段重のおせち「宝船」を販売しております。
今年は、『家族と一緒に食べるおせち料理』と題して、「エネルギー調整食」、「たんぱく質調整食(40g、60g)」の栄養摂取制限を受けられている方も家族みんな同じお料理を取り分けて召し上がれるように、献立を作成致しました。
また、それぞれ1人前のお料理の「重量」及び「栄養価」を下に提示しています。
ご自分の栄養価に合った献立を立てることも可能ですので是非、ご利用ください。

●エネルギー調整食、たんぱく質調整食(60g)の方へおすすめおせち献立
(一の重)黒豆(15g)、お祝い海老(1尾)
(二の重)伊達巻(1個)、金時人参入り生酢(20g)、栗きんとん(23g)、甘鯛西京焼(1切)
(三の重)寿高野含め煮(1個)、手綱こんにゃく(1個)

1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●たんぱく質調整食(40g)の方へおすすめおせち献立
(一の重)黒豆(15g)、葉付金柑甘煮(1個)
(二の重)たたきごぼう(15g)、栗きんとん(23g)、伊達巻(1個)、金時人参入り生酢(20g)
(三の重)寿高野含め煮(1個)、海老旨煮(1尾)

2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【一の重】(栄養価:一人前あたり)
一の重

【二の重】(栄養価:一人前あたり)
二の重

【三の重】(栄養価:一人前あたり)
三の重

興味を持たれた方、こちらから注文できます。
http://www.magonote-kitchen.jp/index.html

◆グローバルキッチンがご提案する食事療法食は、「主菜」と「まごの手惣菜セット」を組み合わせることによって、簡単にお食事のご用意が可能です。栄養バランスが整ったお食事を冷凍にして、ご自宅までお届けします。食事で簡単、栄養管理!
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhoushoku.html
※糖尿病や腎臓病などの食事療法にご利用の場合は、かかりつけの主治医や管理栄養士の指示に従ってご利用下さい。

◆エネルギー調整食の栄養基準はこちら↓
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhou02-energy.html

◆たんぱく質調整食(60g、40g)の栄養基準はこちら↓
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhou03-protein.html

◆グローバルキッチンってどんな会社?
http://www.magonote-kitchen.jp/index.html

執筆者紹介

まごの手キッチン

グローバルキッチン株式会社
商品部 主任 管理栄養士
さやか先生

管理栄養士養成大学を卒業後、飲食店や学校給食など様々な食の現場を経験。
献立作成、メニュー開発、栄養相談等多岐に渡り、従事。現在はグローバルキッチン株式会社にて主任管理栄養士としてメニュー開発中心に実務を行い、この業界におけるリーデイングカンパニーに恥じない献立の提供を目指している。そして、お食事を簡単に手軽においしくみなさまの食卓へ運べるよう、日々開発をすすめている。また、療法食の開発において、業界で初めて簡単調理で美味しく召し上がって頂く為のセット献立を企画開発、献立提供をしている。安価で美味しいと業界内では、話題。
当初、法人向けで販売を開始したが、個人からの問い合わせが増え、この10月から本格的にインターネット通販での販売を開始した。
URL:グローバルキッチン株式会社


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス