緑と白で栄養価が違う”ねぎ”

10月27日シルバーの葱味噌煮献立(セット43)

みなさんこんにちは。
グローバルキッチン 管理栄養士のさやかですヾ(o゚x゚o)ノ
自分に合った、続けられるポイントは見つけられましたか?私がご紹介したもの以外にも様々な方法があると思うので、自分なりに見つけ出してみましょう。

10月に入って、朝、夕だいぶ冷え込んできました。みなさんは風邪などひいていらっしゃいませんか?
(私は、調子が悪いな…と思っていたら、あれよあれよという間に風邪をひいてしまいました。(´Д`;)みなさんは気をつけてくださいね。)

風邪をひいたときに食べる食べ物を連想すると真っ先に思い出すのが「ねぎ」ではないでしょうか?
関東では「白い部分」を主に食べる「根深ねぎ」。関西では「緑の部分」を食べる「葉ねぎ」と「ねぎ」と聞いて連想するものが地域によって異なるおもしろい野菜です。(´ー`)

その「ねぎ」ですが、やはり白い部分と緑色の部分で栄養価が異なります。
白い部分には「アリシン」という「胃の消化酵素をたくさん出すように指示をする栄養素」が含まれています。「風邪っぽくてあまり食べたくないな…」という時に消化を助けてくれます。
また、太陽の光をたくさん浴びている緑の部分はビタミンが豊富で、特にビタミンCは「粘膜を丈夫にしてくれる栄養素」なので風邪などの感染症予防にもなります。

硬いからといって緑の部分を捨てるのはもったいない!!おみそ汁の具やカニ玉などの卵料理の具材として活用してみましょう!!d(´ω`*)

今週のおすすめメニューはこれヽ(*´∀`*)ノ.+゚
シルバーの葱味噌煮献立
【主菜】(商品コード)03001082 シルバーの葱味噌煮
【副菜】(商品コード)01760805 まごの手惣菜セット43
→(セット内容)豚肉といんげんの炒め物、チキンマリネ、昆布豆
【対象者】エネルギー調整食、たんぱく質調整職(たんぱく質60g)の方

◆グローバルキッチンがご提案する食事療法食は、「主菜」と「まごの手惣菜セット」を組み合わせることによって、簡単にお食事のご用意が可能です。栄養バランスが整ったお食事を冷凍にして、ご自宅までお届けします。食事で簡単、栄養管理!
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhoushoku.html
※糖尿病や腎臓病などの食事療法にご利用の場合は、かかりつけの主治医や管理栄養士の指示に従ってご利用下さい。

◆エネルギー調整食の栄養基準はこちら↓
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhou02-energy.html

◆たんぱく質調整食(60g、40g)の栄養基準はこちら↓
http://www.magonote-kitchen.jp/magonote/ryouhou03-protein.html

◆グローバルキッチンってどんな会社?
http://www.magonote-kitchen.jp/index.html

執筆者紹介

まごの手キッチン

グローバルキッチン株式会社
商品部 主任 管理栄養士
さやか先生

管理栄養士養成大学を卒業後、飲食店や学校給食など様々な食の現場を経験。
献立作成、メニュー開発、栄養相談等多岐に渡り、従事。現在はグローバルキッチン株式会社にて主任管理栄養士としてメニュー開発中心に実務を行い、この業界におけるリーデイングカンパニーに恥じない献立の提供を目指している。そして、お食事を簡単に手軽においしくみなさまの食卓へ運べるよう、日々開発をすすめている。また、療法食の開発において、業界で初めて簡単調理で美味しく召し上がって頂く為のセット献立を企画開発、献立提供をしている。安価で美味しいと業界内では、話題。
当初、法人向けで販売を開始したが、個人からの問い合わせが増え、この10月から本格的にインターネット通販での販売を開始した。
URL:グローバルキッチン株式会社


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス