最近よく耳にする「糖質制限」ってどんなもの?糖尿病治療との関係は?

6-19-1

こんにちは!Welby Media編集の南です。

先日、私の地元でお祭りが開催されまして、そこで舁夫(かきふ=みこしを担ぐ人)が
たくさんいたのですが、みなさん顔が日に焼けて真っ赤になっていて、
熱中症にならないといいな~などと思いつつ、お祭りを楽しみました。


1.まず糖質って何?


「糖質制限」

この言葉、最近よく見かけたり耳にしたりしますよね。
おそらく、その大きな要因はこちらのCMでしょう。

「結果にコミットする」の決めセリフは、今ではあまりにも有名になりましたね。
テレビを見る人なら知らない人のほうが少ないのではないでしょうか。
(タクシーにもRIZAPの広告があったりしますよね)

さてさて、そもそも糖質とは何なのでしょうか?
(ちなみに私も最初は糖質=カロリーだと思っていました)

6-19-1

糖質とは、たんぱく質・脂質に並ぶ三大栄養素の一つで、主にお菓子など
「甘いもの」とお米やせんべい、ジャガイモなどに含まれる「でんぷん」が
日常生活における糖質源となっています。(ちなみに、炭水化物は糖質と食物繊維からなっています)

役割としては体を作る材料になったり、エネルギーになったりしています。

 

ここでちょっと疑問なのが糖質とカロリーの違い。カロリーとは「エネルギーそのもの」を指し、
もちろん糖質からも摂取可能ですが、たんぱく質や脂質からも同様に摂取できます。

糖質は先にも書いた通りエネルギーにもなりますが、中にはカロリーにならないものもあり、
すべての糖質がカロリー=エネルギーになるわけではありません。

つまり「カロリーオフ/ゼロ」表記のものでも糖質をとってしまうものもあれば、
「糖質オフ/糖質ゼロ」でもカロリーをとってしまうものもあるので注意が必要です。

【「カロリーオフ」や「無糖・微糖」などの表記の定義】

・カロリーが5kcal未満⇒「ノンカロリー」「カロリーゼロ」
・カロリーが20kcal以下⇒「カロリー控えめ」「カロリーオフ」
・糖類が0.5g未満⇒「無糖」「ノンシュガー」「シュガーレス」
・糖類が2.5g以下⇒「低糖」「糖分控えめ」「微糖」

引用:糖尿病の治療と予防ナビ


2.糖質制限をすることにどんなメリットがある?

さて、糖質制限をすることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

糖質制限を実際に行っている人の中にはダイエットが目的の方も多いのではないかと思います。
しかし、もちろんそれだけではありません。

糖質を控えることで得られるメリットはずばり、「病気の発症や進行を防ぐこと」です。
ただし、現在研究段階であり医学的にすべての方に推奨される根拠があるわけではありません。

(参考:Santos FL et al. Systematic review and meta-analysis of clinical trials of the effects of low carbohydrate diets on cardiovascular risk factors.
Obes Rev. 2012 Nov;13(11):1048-66. doi: 10.1111/j.1467-789X.2012.01021.x. Epub 2012 Aug 21.)

6-19-2

糖質を過剰に取りすぎると、

・動脈硬化や糖尿病を進行
・血液がドロドロになる
・肌や骨の老化を促進

などをはじめ、糖尿病だけでなくがんや骨粗しょう症、認知症など
様々な病気を引き起こす可能性が高くなります。

また、カロリー制限とは違いお米や、麺類、パンなど糖質が多いものを制限すれば
たんぱく質や脂質については普段の食事と大きく変えずに摂れる場合があるということです。
(もちろん普段から過食気味の方は大幅に変更する可能性もあります)


3.糖質制限はなぜ賛否両論?糖尿病治療との関係

糖質は3大栄養素を言われるだけあり、体を作っていく・生きてい上で大切なものです。
過剰摂取が悪い影響を与えているというだけであって、適度に摂取することが重要になってきます。
 

6-19-4

もう少し詳しく見ていきましょう。糖質をあまりに取らなすぎるとどうなるのでしょうか。

糖質が足りないと低血糖という「血液中のブドウ糖が少ない状態」になります。
軽い低血糖であれば食事で改善されることもありますが、ひどい場合は治療が必要になったりもします。

低血糖になることによって引き起こされる現象としては、

・頭痛、けいれん、眠気がひどくなる
・高齢の場合、脳卒中や心筋梗塞などの恐れ

など。血糖が極端に低くなると、昏睡などの危険もあります。

特に糖尿病の患者さんはお医者さんに血糖を下げる薬を処方してもらっている
可能性があるので気を付けなければいけません。


4.まとめ

糖尿病やその他の生活習慣病の治療において、食事は非常に重要な役割を果たしています。
糖質制限を行うことで、病気の発症や進行を防ぐなど様々なメリットがあります。
しかし、自己流で行ってしまうと、知識が浅いために偏った栄養バランスになってしまい
問題が発生してしまう可能性があります。ですので、糖質制限は必ず管理栄養士などの
指導や医師との相談のもと行いましょう。

 

■参考
糖質.jp「糖質制限って何?」
http://toushitsu.jp/knowledge/advice/advice01/
糖尿病講座 流れてよくなる.com「低血糖を理解しよう!」
http://www.nagayoku.com/columu/glucose/

 


著者紹介

南 洋佑

WelbyMedia専属ライター

学生時代に参加した医療系アプリ開発コンテストで、禁煙アプリを作り入賞したことで、医療に強い関心を持つ。体や食事、栄養の知識をより役立て、患者様に届けたいとの想いからWelby Mediaの編集を担当すべく、株式会社ウェルビー(Welby)へ入社。
元高校球児で体を動かすことが得意。大学の卒業旅行として、千葉県から福井県まで”ママチャリ”で旅をしたことも。「わかりやすく、面白く、親しみやすく」をモットーに、Welby Mediaの記事の執筆に従事する。


本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス