ネットで買える!糖尿病、腎臓病向け療法食 宅配メーカーを比較してみた

食事_老夫婦

療法食をはじめるとき、自分でカロリー計算したり、塩分量を調整するのは大変苦労しますね。その点、宅配の療法食セットを利用すると手間も省け、バランスの良い食事を簡単に摂ることができます。

糖尿病、腎臓病の方などの療法食の選択肢も最近では多岐に渡ってきており、管理栄養士考案のおいしい宅配食が簡単に購入できるようになりました。

今回は多くのメーカーの中から、インターネットで個人向けに販売している5社を選んで、特徴や食事の内容を比較してみました。
メーカーごとにメニュー名が異なるので、エネルギー調整食、タンパク質調整食それぞれのメニュー名を下部の表にまとめていますので、ご参考にして下さい。

<注目した項目>

1.対象メニュー:エネルギー調整食、タンパク質調整食
2.メニュー数(サイト内全体の概算)
3.価格(1食あたり、1セットあたり)
4.注文から到着までの日数
5.注文までのサイトの使いやすさ

<比較したサイト>()内はサイト名とURL

・グローバルキッチン(まごの手キッチン:http://www.magonote-kitchen.jp/index.html
・ニチレイフーズダイレクト(http://wellness.nichirei.co.jp/shop/default.aspx
・タイヘイフーズ(ファミリーセット:http://www.familyset.jp/
・トオカツフーズ(おまかせ健康三彩:http://www.kenkosansai.net/
・メディカルフードサービス(http://www.medifoods.jp/
(五十音順)

■自分に合ったメニューが選べる

継続して利用できるように、ほとんどが3日分以上のセットを用意しています。ご飯のついていないおかずだけのメニューの場合は、自身でご飯の量を調整する必要がありますが、見方を変えれば同じメニューを家族全員で食べられますね。

<単品購入で好きなメニューを選択>

セットメニューは便利ですが、苦手な食材やアレルギーなどで食べられない物があると困りますよね。単品購入ができるサイトは以下の4社でした。
【グローバルキッチン】
【ニチレイフーズダイレクト】
【タイヘイフーズ】
【トオカツフーズ】

【グローバルキッチン】は、どのメニューも単品で購入数や購入金額に制限なく注文でき、かつ1週間以内に商品が受け取ることができるようです。

【タイヘイフーズ】のファミリーセットは、1ヶ月分の献立がすでに決まっており、毎週変わるメニューを見ながら来週1週間分を注文することもできます。ただ、朝食・昼食は主食(ごはんやパン)付ですが、夕食はおかずのみとなっていますので、主食が必要な場合は自分で用意する必要があります。

<自分に合った栄養価基準で選べる>

【メディカルフードサービス】では、カロリー制限食及びタンパク質制限食共に、それぞれの制限量に合わせたメニューがありました。
たとえば「カロリー制限食」では、1200kcal、1400〜1600kcalの2つがあり、「タンパク質調整食」では、50〜60g、25〜30g、30〜40gの3種類が用意されているため、自分に合ったものが選択できるようになっています。

■保存に便利な小分けパック

パッケージをみると、各社特徴があることがわかります。
全てが1つのトレイにまとまっているお弁当タイプが多いのですが、【トオカツフーズ】と【グローバルキッチン】はメニューごとにパックを切り離すことができるようになっています。
【グローバルキッチン】は主食が真空パックに分かれています。弁当タイプの方が食事の準備は簡便ですが、温める際には全てのメニューが同じように温められてしまうというデメリットもあります。一方、小分けの場合は、温めて食べるものと冷たいままで食べるものとを分けることができますね。保存の時も場所を選ばず便利ですね。

■送料が無料になるセット購入

1食、1品が安価に購入できても、送料は多くが650円ほどかかるので、惣菜1つだけ試しで購入したいときなどは割高になってしまいます。ただし、複数のメニューや商品を購入して、一定額以上購入すると無料になります。

単品購入で購入できる【タイヘイフーズ】は、沖縄県と一部離島を除く地域への送料は無料、同じく【グローバルキッチン】は購入額3,000円以上で無料になります。
【メディカルフードサービス】は、メニューに送料が含まれているため、表示価格だけで購入できます。定期コースのみですが、多くの数量を注文すると単価は下がるため、安価に購入できますね。

■まとめ

1.注文までの操作のわかりやすさは【ニチレイフーズ】
ネット通販の普及によりハードルは下がったように思いますが、療法食に特化したページを探すことにとても苦労しました。
【ニチレイフーズ】では注文したいメニューがワンクリックで選択でき、会員登録をしなくても購入できるため、お試しとして使うこともできます。「気配り御膳240」のメニューでは、「糖尿病食事療法のための 食品交換表」に基づく単位配分表が明記されていて、これから始める方にもわかりやすく紹介されている印象です。

2.1食あたりの価格で選ぶなら【グローバルキッチン】・【メディカルフードサービス】
送料を除く1食あたりの価格は、主食、副菜がセットになった療法食で550円のグローバルキッチンが最安値でした。単価では【メディカルフードサービス】も1食あたりは安価なのですが、単品での購入ができないのでちょっと残念。

3.送料で選ぶなら【タイヘイフーズ】・【メディカルフードサービス】
【メディカルフードサービス】は、前述のとおり送料込の価格ですので、送料を考える必要がありません。【タイヘイフーズ】は沖縄県、一部離島は1注文あたり540円とありますが、1品から注文できて送料無料なので、手軽にお試しできるのではないでしょうか。

4.小分けができるのは【グローバルキッチン】・【トオカツフーズ】
【グローバルキッチン】と【トオカツフーズ】の2社は、パッケージが小分けにできるため、冷凍庫がいっぱいでもちょっとした隙間も使って保存することができます。別々にあたためができることで、素材を活かした食事ができるのはいいですね。

比較表1

比較表2

上記はあくまでも参考です。治療中の方は医師の指導の下、利用をご検討下さい。

執筆者紹介

Welbyベアー

Welby Bear(ウェルビー ベアー)
Welby Media編集員

日々、医療者や患者さんと接しながら勉強中。
Welbyのサービスをより分かりやすく、より多くの人に伝えるために、頑張ります!


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス