皆さんが気になるプリン体のはなし【PR:ミールタイム提供】

0201

「プリン体OFFのビール」や、「このままでは痛風が心配」など、よく耳にすることがあると思います。しかし、痛風の症状がおこる理由や、対処法をご存じの方は少ないのではないでしょうか。今回は、みなさんも気になるプリン体と痛風について書かせていただきます。

そもそも、「プリン体」とは何でしょう。
これは身体や食品の細胞内に含まれる物質で、尿酸の原料になります。代謝が活発な組織に多く含まれるため、レバー等はプリン体の含有量が多いです。そのプリン体から作られる尿酸は、もともと水に溶けにくいため、量が増えると組織のなかで結晶化します(尿酸塩)。この、体内の尿酸が異常に多いことを高尿酸血症と呼び、尿酸塩が起こす結晶誘発性関節炎が、痛風と呼ばれる症状です。体の中に結晶があるなんて、想像しただけで痛いですよね。この尿酸塩は足の指などの下肢関節にできやすいのも特徴です。関節が痛む理由は、けがだけではないのですね。

高尿酸血症を解消するためには①肥満の解消②食事療法(摂取エネルギーの適正化)③アルコール摂取制限④適度な運動・有酸素運動⑤ストレスの解消、の5項目が必要です。「あれ?プリン体の制限は?」と思われた方もいらっしゃると思います。前述したとおり、プリン体は細胞の中に含まれるので、ほとんどすべての食品に含まれます。また、健常者の体内には「尿酸プール」が存在し、尿中にも排泄されます。厳しいプリン体制限を行っても、尿酸値の低下がわずかであることも知られており、プリン体の摂取は400㎎/日というのが一般的です。生活習慣病といわれる理由は、ここにもあるのですね。また、尿中への排泄を促すためにも、十分な水分摂取も大切です。尿酸値が気になる皆様、是非実践してみてください。

5項目のうちの①肥満の解消、②食事療法に、ミールタイムのヘルシー食多めを活用してみませんか。食べ応えを重視したボリュームあるメニューを多数取り揃えております。是非、日々の食事療法にお役立てください。

◆管理栄養士高村が選ぶ野菜不足の方向けおかず10食セット
http://www.mealtime.jp/shop/items/28-971
◆管理栄養士小湊が選ぶ食習慣見直しボリュームごはん付き10食セット
http://www.mealtime.jp/shop/items/28-968

執筆者紹介

高村光子

管理栄養士
高村 光子
株式会社ファンデリー
http://www.fundely.co.jp/
ミールタイム
http://www.mealtime.jp/

管理栄養士養成校を卒業し、株式会社ファンデリーに入社。
健康食宅配サービス『ミールタイム』の管理栄養士として電話相談や利用者の健康管理を行う。
その後、病院や企業への営業部門を経て、広報・人事を担当。「一人でも多くのお客様に、健康で楽しい食生活を提案し、豊かな未来社会に貢献します」という企業理念のもと、栄養士の活躍の場を広げ、ヘルスケア総合企業を目指す。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス