糖尿病の食事療法で一番大切なのは継続【PR:ミールタイム提供】

141101_鶏の唐揚げみぞれ和えセット

11月14日は世界糖尿病デーです。
糖尿病やその合併症を認知してもらい、患者やその周囲が輪となって、病気を予防し、また進行を遅らせるための意識づけの日です。

毎年、各地のシンボルや病院・建造物などがブルーライトアップされ、とてもきれいですよね。
それに合わせてイベントも実施され、相談会や講演会、無料の血糖測定会などもあるようです。ウォーキングがてら、近くのイベントに出かけてみてはいかがでしょうか。

糖尿病の食事療法で一番大切なのは【継続】です。
糖尿病食は健康食、とも言われるほどで、塩分控えめのバランスの良い食事が理想です。そして何より継続することで食事療法は花開き、検査結果にも影響します。

しかし、その継続が一番難しいですよね。皆さまは、スーパーの惣菜やコンビニで食事を買う際、栄養成分表示を見ていますか?単品でおかずを買うと、ついつい種類も量も多くなりがちです。また、味付けの濃いものも多く、塩分過多も心配ですよね。かと言って、毎食料理を作るのはとても大変。頑張りすぎは、継続の妨げにもなります。

食宅配サービスのミールタイムでは、糖尿病の方向けに様々なセットをご用意しております。
なかでも「エネルギーは気になるけど、おなかいっぱい食べたい!」という方に人気なのが【ヘルシー食多め】です。おかずのみ、ごはん付きそれぞれで、食べ応えを重視したセットです。塩分は2.0g未満ですので、ついコンビニ弁当や惣菜に手を出してしまう方に、おすすめいたします。患者個人や、その家族の努力だけではなく、周囲の便利なサービスを利用して、食事療法をより楽しく、快適にしていきましょう。

管理栄養士が選ぶメニュー

細川が選ぶ ボリュームおかずのみ10食セット
古賀が選ぶ ボリュームごはん付き10食セット

執筆者紹介

高村光子

管理栄養士
高村 光子
株式会社ファンデリー
ミールタイム

管理栄養士養成校を卒業し、株式会社ファンデリーに入社。
健康食宅配サービス『ミールタイム』の管理栄養士として電話相談や利用者の健康管理を行う。
その後、病院や企業への営業部門を経て、広報・人事を担当。「一人でも多くのお客様に、健康で楽しい食生活を提案し、豊かな未来社会に貢献します」という企業理念のもと、栄養士の活躍の場を広げ、ヘルスケア総合企業を目指す。


掲載内容は株式会社ウェルビーの見解を述べるものではございません。 (すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。) 本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス