糖尿病に要注意なシーズン到来!クリスマスや忘年会、お正月に気をつけるべきこと

%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%ab%e8%a6%81%e6%b3%a8%e6%84%8f%e3%81%aa%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%b3%e5%88%b0%e6%9d%a5%ef%bc%81%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%84%e5%bf%98

こんにちは!Welbyメディア編集の高橋です。

今年も冬がやってきました。このシーズンはとにかくイベントが目白押しです!
12月はクリスマスに忘年会、1月はお正月に新年会。ケーキを食べたり、お酒を飲んだり、美味しい料理を食べたりとアルコールや食べ物の摂取量が一気に増える季節でもあります。

糖尿病」を発症すると、上がった血糖値を下げる働きをするインスリンが正しく機能せず、高血糖が続いてしまいます。高血糖とは体内でブドウ糖がうまく吸収されなかったり、過剰にブドウ糖の濃度が上がり、血液中にあふれている状態です。
クリスマスに忘年会、お正月とイベントが続き楽しい反面、血糖値のコントロールを求められる「糖尿病」の方にとっては注意が必要です。また、食事を含む生活習慣が通常と大きく変動するこのシーズンは、糖尿病予備軍の方も気をつける必要があります。

糖尿病」の方も、糖尿病予備軍の方も楽しく冬を過ごせるように、本エントリーでは、クリスマスや忘年会、お正月に気をつけるべきことを解説します!

Welbyメディア関連記事

%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%ae%e4%ba%88%e5%82%99%e7%be%a4%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%88%e9%98%b2%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%a7%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%b8 糖尿病の予備群とは?正しい予防対策で糖尿病への進行を防ごう

1.糖分の大量摂取に注意!

糖分の大量摂取に注意!

糖分の大量摂取に注意!

食事を摂ることにより血糖値が上がります。その中でも文字通り糖分は、他の食品と比べて血糖値が上がりやすいものです。そのため、「糖尿病」の方が甘い物を食べる時は、「砂糖不使用・低糖質・低GI」といった食品を意識したり、エネルギーとして使われやすい午前中や3時のおやつなど時間帯も意識することが求められています。

クリスマスシーズンのケーキを筆頭に、休暇の方も多い年末年始はついつい時間を気にせず甘い物を大量に取りがちです。最近は低糖質でも美味しいケーキも発売されていますので、「糖尿病」の方は意識して甘い物を選ぶことも重要です。また、だらだらと食べ続けず午前中や3時前後など適切な時間に間食をするようにしましょう。

Welbyメディア関連記事

%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%a7%e3%82%82%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%82%92%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%af 糖尿病でもチョコレートを食べたいときは 〜糖尿病患者さんがチョコを選ぶポイントを紹介〜
%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e3%81%a7%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%82%92%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%a7%e6%92%ae%e3%82%8b%e3%81%a0%e3%81%91%ef%bc%81%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e3%81%a0 糖尿病アプリで食事を写真で撮るだけ!アプリだから続く!糖尿病治療向け食事の管理!
%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%a8%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%e6%80%a7%ef%bc%81%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%a7%e3%82%82%e7%94%98%e3%81%84%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%8c 糖尿病とスイーツ!糖尿病でも甘いものが食べたい!糖尿病へオススメのお菓子とは?スイーツ最新情報も紹介!
%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%af%e6%8c%87%e6%95%b0%ef%bc%88gi%ef%bc%89%e3%81%a8%e3%81%af グリセミック指数(GI)とは

2.アルコールの飲み過ぎに注意!

アルコールの飲み過ぎに注意!

アルコールの飲み過ぎに注意!

忘年会やお正月はアルコールを飲み過ぎる危険があります。アルコールとはお酒の主成分です。アルコールに色々と手を加えた物がお酒です。ビールやワイン、日本酒などの醸造酒。ウイスキーや米焼酎の蒸留酒。梅酒や果実酒の混成酒(再成酒)とお酒は大きく3種類に分けられます。
アルコールその物には「糖尿病」の症状に直接影響する糖質は含まれていませんが、お酒を作る際の原料や混ぜ物に糖質が含まれているため、飲み過ぎは血糖値によくありません。

蒸留酒は糖質が含まれないから飲んでも良いのでは?と思う方もいるかもしれません。蒸留酒は、醸造酒を加熱し発生した蒸気を冷やして再び液体にした物です。一度蒸気にしているため、確かに蒸留酒には醸造酒の原料にあった糖質は含まれていません。
しかし蒸留酒はアルコール度数が高くなります。アルコールに糖質は含まれないものの、元々が高カロリーです。どの種類のお酒であっても、飲み過ぎには注意が必要です。

Welbyメディア関連記事

%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%af%e3%81%8a%e9%85%92%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%93%e3%81%a7%e3%82%82%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%ae%ef%bc%9f%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%a8%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b3 糖尿病はお酒を飲んでもいいの?糖尿病とアルコールの関係を解説

3.カロリーの過剰摂取に注意!

カロリーの過剰摂取に注意!

カロリーの過剰摂取に注意!

カロリーの過剰摂取に繋がる大きな原因は食べ過ぎです。
クリスマスパーティーや忘年会などの食事は、カロリーの高い食品が並びがちです。日常ではバランスを考えて食事をしている方でも、予定が立て込むとどうしても偏った食事内容が続くことになってしまいます。
また、年末年始は通常よりも身体を動かす機会が減る人も少なくありません。寝正月という言葉があるように、食べたり寝たりを繰り返すと摂取した分のカロリーは消費されません。
過剰摂取となったカロリーは肥満へと繋がります。そしてカロリーの高い食品は高血圧への影響も大きいものです。「糖尿病」にとって「肥満」や「高血圧」は合併症を引き起こすリスクとなります。

Welbyメディア関連記事

%e3%80%8c%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%80%8d%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%8b%e3%81%ab%e5%8d%b1%e9%99%ba%e3%81%aa%e3%80%8c%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e5%90%88%e4%bd%b5%e7%97%87%e3%80%8d 「糖尿病」よりはるかに危険な「糖尿病合併症」 ~高額な医療費や生活の質が下がることも~

セカンドミール効果を活用しよう

少しでも身体への偏った食事の影響を減らすために、セカンドミール効果を意識することもオススメです。
セカンドミール効果とは、最初の食事(ファーストミール)が次の食事(セカンドミール)の血糖値の変動に影響する、ということです。朝食として食べた物は、直後の血糖値の変動だけでなく、昼食後の血糖値にも影響を及ぼすのです。
もちろんこれは朝食と昼食の関係だけではありませんので、忘年会などの場合は夕食に備えて昼食でセカンドミール効果を意識してみましょうということです。セカンドミール効果が期待できる食材は、野菜・大豆・穀物類などがあります。

Welbyメディア関連記事

%e3%82%bb%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%ab%ef%bc%9f%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%ae%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e7%99%82%e6%b3%95 セカンドミール効果ってなに?糖尿病の食事療法に重要なセカンドミール効果について解説

おわりに

クリスマスや忘年会、お正月に気をつけるべきことを解説しました。「糖尿病」の方は日常の生活習慣は気をつけている方も多いと思いますが、イレギュラーなことが多くなるのが年末年始の冬シーズンです。
この時期は仕方ない!と全部を諦めてしまうのではなく、飲み過ぎたな、食べ過ぎたなと思う日は後日すぐに調整すると、生活習慣の立て直しも最小限で済みます。
アプリ「Welbyマイカルテ」では血圧、血糖値、体重などを簡単に記録することができますので、クリスマスに忘年会、お正月と忙しい季節だからこそ、ぜひ活用してみてくださいね!


著者紹介



本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス