LOVEプロジェクト~患者さん中心の検査値解説~

LOVEプロジェクト~患者さん中心の検査値解説~ Presented by Welby

LOVEプロジェクト~患者さん中心の検査値解説~ Presented by Welby

1.LOVEプロジェクトとは?

1-1. Welbyの取り組みについて

Welbyでは、コーポレートVISIONである【患者が「自ら情報を得て」「自ら行動し」「自ら判断できる」社会へ】の実現に向けた取り組みを行っております。生活習慣病を中心に患者さんの自己管理のサポートや疾患の知識を高めることなど、患者さんのためのサービスを提供しています。

 

 

1-2.患者さんには今の検査値はわかりにくい

現在、生活習慣病の検査では多様な検査項目が用いられていますが、多くの患者さん方にとって、検査値の意味を理解するのは難しいことなのではないでしょうか。

そこで、Empower the Patients をミッションとする我々Welbyは、自治医科大学地域医療学教授の小谷和彦先生と共同で、Welbyサービスご利用の患者さんとともに「検査項目」を簡単に理解する方法(説明文や図など)を探り、患者さんの治療に対する理解や取り組む意欲向上のサポートができないかと考えています。

本プロジェクトでは、患者さんから様々な意見を集め、ともに議論しながら、日本一わかりやすい検査値の解説を作りたいと思います。

 

 

1-3.患者さん目線の検査値の解説を作りたい

1)生活習慣病の患者さんにとって、検査値をわかりやすく理解できる方法を、患者さんとともに検討する。

2)検査値のわかりやすい説明をもって、患者さんの治療をサポートする。

 

 

2.LOVEプロジェクト結果報告

検査値の解説文を考えよう

血糖値

(▶詳細はこちら)


HbA1c(ヘモグロビンA1c)

(▶詳細はこちら)


LDLコレステロール(悪玉)

(▶詳細はこちら)


HDLコレステロール(善玉)

(▶詳細はこちら)


中性脂肪(トリグリセリド、TG)

(▶詳細はこちら)


総コレステロール(TC)

(▶詳細はこちら)


AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)

(▶詳細はこちら)


ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)

(▶詳細はこちら)


BUN(尿素窒素)

(▶詳細はこちら)


γ-GT(γ-GTP)

(▶詳細はこちら)


Cr(血清クレアチニン)

(▶詳細はこちら)


eGFR(推算糸球体濾過量)

(▶詳細はこちら)


baPWV(脈波伝播速度検査)

(▶詳細はこちら)


CAVI

(▶詳細はこちら)

 

 

3.LOVEプロジェクトの様子

小谷先生を中心に、Welbyサービスご利用の患者さん、Welbyスタッフと意見を出し合い、計2回プロジェクトを進めました。

LOVEプロジェクトの様子

LOVEプロジェクトの様子


 

 

4.LOVEプロジェクト参加者の検査値、基準値に関する声

参加者様から以下のような検査値、基準値に関する声を頂いておりますので、掲載させて頂きます。


■病院や検診で測る検査値について


・健康診断で検査した結果、医師に指摘されて病気が重症化しないように検査値について調べてみた。
しかし、インターネットや書籍で検査値の解説は専門用語ばかりで分かりにくい。
・検査値の名前は英語ばかりで、意味ばかりか読み方すら分からない。
・医師に言われた検査値だけ調べてみるが、覚えているわけではないので、検診の度に調べている。

 


■検査値の基準値に関して


・単位は気にしていない。
・色やグラフなど可視化できているとわかりやすいが、健康診断では数字だけ渡されることが多く、基準値から自分の検査結果がどれほど離れているかよく分からない。

 


医師紹介

小谷先生

自治医科大学 地域医療学
教授
小谷 和彦

~専門分野~
地域医療学、臨床検査医学

~先生から一言~
キャッチフレーズは
「health promotion through clinical laboratory medicine」
ぜひ、一緒に考えて行きましょう。


著者紹介



本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。

糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス