糖尿病は認知症を発症しやすい?糖尿病と認知症の関係を正しく知って予防・対策!

糖尿病は認知症を発症しやすい?糖尿病と認知症の関係を正しく知って予防・対策!

こんにちは!Welbyメディア編集の高橋です。

2015年に厚生労働省が発表した全国の「認知症」の患者数は、2012年時点で約462万人。65歳以上の高齢者は約7人に1人が「認知症」でした。
昨今、日本は高齢化が進んでいますが、このまま高齢化が進むと2025年には認知症患者数が700万人前後となり、65歳以上の高齢者は約5人に1人が認知症を発症する推計になっています。

そして、同様に厚生労働省が実施している平成24年「国民健康・栄養調査」によると、「糖尿病が強く疑われる者」(糖尿病有病者)は約950万人、「糖尿病の可能性を否定できない者」(糖尿病予備軍)は約1,100万人です。あわせて約2,050万人が「糖尿病」もしくはその予備軍であるとされています。

糖尿病・高血圧症・肥満症患者さんの自己管理を支援するWelbyメディア関連記事

糖尿病の症状とは?国民の5人に1人が発症する糖尿病の診断方法や合併症、予防などの基礎知識まとめ 糖尿病の症状とは?国民の5人に1人が発症する糖尿病の診断方法や合併症、予防などの基礎知識まとめ
健康長寿の秘訣~自己管理・健康管理で健康寿命を延ばす3つのポイント~ 健康長寿の秘訣~自己管理・健康管理で健康寿命を延ばす3つのポイント~

 

個別の病気としても日常生活にかかる制限が大きくなる症状ですが、数々の研究により「糖尿病」と「認知症」には密接な関係のあることが判明してきました。
本エントリーでは「糖尿病」と「認知症」の関係を解説します!

 

1.認知症とは

認知症とは

認知症とは

「認知症」とは、様々な原因で脳の細胞が減少、または働きが悪くなることで、記憶や判断力に影響がでる症状です。一般的にごはんを食べたことを覚えていない、自分がいまどこにいるのか分からない、料理ができなくなるといった症状が表れてきます。

普段の物忘れとの違い

加齢による物忘れは誰にでも起こります。年齢を重ねると物忘れが増えるという減少は生理的物忘れといわれます。生理的物忘れと対する認知症による物忘れの違いはどのような内容なのでしょうか。
自分の物忘れが生理的物忘れなのか認知症の疑いがあるのかについて厳密な判断は専門の医療機関を受診する必要がありますが、参考までに大まかな特徴をまとめます。

 

生理的物忘れ

・自分が物忘れしていることに気がつく
・現在の日時やいる場所は分かる
・過去に体験したことの一部や詳細を忘れる
・新しいことを覚えることができる
・物忘れによって日常生活や対人関係に大きな支障はきたさない

認知症による物忘れ

・自分が物忘れしていることに気がつかない
・現在の日時やいる場所が分からない
・過去に体験したこと自体を忘れる
・新しいことを覚えられない
・料理が作れない、会話の内容が繋がらないなど日常生活や対人関係で支障がでてくる

代表的な4種類の認知症を発症する病気

「認知症」を発症する原因となる代表的な疾患は以下の4つです。

(1)アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)

・日本の「認知症」の6割以上を占めているのがアルツハイマー病です。

(2)脳血管性認知症(血管性認知症)

・認知症状態や脳血管疾患の有無、認知症の症状と脳血管障害発症の時間的関連性により診断されます。

(3)レビー小体型認知症

・「アルツハイマー病」と「パーキンソン病」の二つの特徴がある疾患です。

(4)前頭側頭型認知症(ピック病)

・記憶障害よりも性格・行動面が変化します。

アルツハイマー病と血管性認知症との混合タイプの場合もあります。「糖尿病」に関連しているのが、この「アルツハイマー病」と「血管性認知症」です。

(参考:厚生労働省 認知症

 

2.認知症は糖尿病の合併症

認知症は糖尿病の合併症

認知症は糖尿病の合併症

糖尿病性網膜症」や「糖尿病性腎症」、「糖尿病性神経障害」は糖尿病の三大合併症と呼ばれる「糖尿病」の代表的な合併症です。この三大合併症は「糖尿病」として高血糖の状態が長く続くことにより発症する慢性合併症に含まれる血管障害です。そして三大合併症に続き、最近では「認知症」も重大な「糖尿病」の合併症だと考えられはじめています。

糖尿病・高血圧症・肥満症患者さんの自己管理を支援するWelbyメディア関連記事

糖尿病網膜症とは?失明の原因にもなる糖尿病網膜症の知っておくべき基礎知識 糖尿病網膜症とは?失明の原因にもなる糖尿病網膜症の知っておくべき基礎知識
糖尿病性腎症とは?人工透析が必要になると膨大な医療費も!?知っておくべき基礎知識 糖尿病性腎症とは?人工透析が必要になると膨大な医療費も!?知っておくべき基礎知識

 

高齢者の認知症発症リスク

九州大学が中心となって行っている「久山町研究」という疫学研究があります。福岡県糟屋郡にある人口約8,000人程度の久山町住人の方ほぼ全員の健康管理を追跡し研究しています。元々は脳卒中の実態解明と予防が目的で始まった久山町研究ですが、現在では生活習慣病全体の実態解明と予防を目的として続けられています。

この研究データによると、高齢者の糖尿病患者では合併症として「認知症」を発症している方が多く、更に「糖尿病」ではない高齢者に比べ「アルツハイマー病」や「血管性認知症」の発症リスクが2~4倍に上昇しているということが分かりました。

 

3.糖尿病と認知症の関係

糖尿病と認知症の関係

糖尿病と認知症の関係

アルツハイマー病と糖尿病

アルツハイマー病はβアミロイドというタンパク質が脳に沈着し、健康なニューロンが機能しなくなる病気です。最終的にはニューロン同士の連携が取れなくなることで物忘れや判断力の低下へと繋がります。

そして、βアミロイドは「糖尿病」にとって重要な血糖値を下げるインスリンの働きを低下させることが判明してきました。元々インスリンにはβアミロイドの分解を助ける作用がありますが、「糖尿病」によって体内のインスリンが低下している状態はβアミロイドを減らすことができません。その結果、蓄積したβアミロイドが「アルツハイマー病」を促進して「認知症」の発症確率を高めるという作用が起こってしまうのです。

 

血管性認知症と糖尿病

「血管性認知症」は、「脳梗塞」や「脳出血」など脳の血管障害が影響して発症する「認知症」です。

糖尿病」の三大合併症が血管障害である通り、高血糖の状態が続く「糖尿病」は血管に大きな負担をかけています。それは脳に対しても同様であり、脳の血管や血流への障害が原因の血管性認知症は、「糖尿病」や「高血圧」などの生活習慣病が大きな危険因子となります。

(参考:九州大学 久山町研究

 

4.おわりに

糖尿病」と認知症の関係について解説しました。

糖尿病」を発症すると「認知症」も発症する可能性が大きくなります。負の循環を起こさないためには、高血糖である「糖尿病」の症状を抑えるのと同時に、「認知症」を発症させないための予防が大切です。

糖尿病」や「認知症」の予防対策として重要となる生活習慣の改善には、正しい自己管理が欠かせません。しかし正しい自己管理は手間や難しさから継続できないという方も少なくありません。楽しく簡単に自己管理を行うために、アプリの活用もひとつのオススメ方法です!

アプリ「Welbyマイカルテ」では血圧、血糖値、体重などを簡単に記録することができ、その内容をグラフで見たり印刷することができます。他にも毎日の食事を写真で記録することができるため、自分の生活習慣が客観的に把握しやすくなります。そして自分の記録を医療者や家族と共有することで自己管理を継続するモチベーションがあがります。

生活習慣を改善することが「糖尿病」や「認知症」の予防につながるため、ぜひご活用ください!

糖尿病・高血圧症・肥満症患者さんの自己管理を支援するWelbyメディア関連記事

糖尿病の症状とは?国民の5人に1人が発症する糖尿病の診断方法や合併症、予防などの基礎知識まとめ 糖尿病の症状とは?国民の5人に1人が発症する糖尿病の診断方法や合併症、予防などの基礎知識まとめ
健康長寿の秘訣~自己管理・健康管理で健康寿命を延ばす3つのポイント~ 健康長寿の秘訣~自己管理・健康管理で健康寿命を延ばす3つのポイント~
 健康寿命とは?生活習慣病と寿命の関係を解説! 健康寿命とは? 生活習慣病と寿命の関係を解説!健康寿命へ良い影響を与える7つの生活習慣
CRPとは?~慢性炎症を防ぎ、癌、生活習慣病、老化対策。健康寿命を延ばすには!?~ CRPとは?~慢性炎症を防ぎ、癌、生活習慣病、老化対策。健康寿命を延ばすには!?~
糖尿病網膜症とは?失明の原因にもなる糖尿病網膜症の知っておくべき基礎知識 糖尿病網膜症とは?失明の原因にもなる糖尿病網膜症の知っておくべき基礎知識
糖尿病性腎症とは?人工透析が必要になると膨大な医療費も!?知っておくべき基礎知識 糖尿病性腎症とは?人工透析が必要になると膨大な医療費も!?知っておくべき基礎知識

著者紹介



本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス