11月14日は世界糖尿病デー!2016年のイベントを紹介

11月14日は世界糖尿病デー!2016年のイベントを紹介

こんにちは!Welbyメディア編集の高橋です。

毎年11月14日は「世界糖尿病デー」です。
世界糖尿病デーとは、国連が2006年に認定した世界的に「糖尿病」を啓発する日です。世界的に拡がる「糖尿病」の脅威を認知し、対応することを目的として制定された国際デーです。インスリンを発見したカナダのバンティング博士を顕彰し、誕生日の11月14日が世界糖尿病デーとなっています。そして2016年の今年は世界糖尿病デー10周年を迎えました。

世界糖尿病デーは現在世界160カ国10億人以上が参加する、世界でも有数の疾患啓発の日です。「糖尿病」の予防や治療の継続の重要性を患者さんやその家族、関係者に伝える重要な機会となるキャンペーンが世界各地で行われています。

日本でも11月14日を中心に、前後に各地でイベントが開催予定です。
そこで、本エントリーでは、世界糖尿病デーとそれに関連する2016年の日本で開催されるイベントを紹介します。

1.世界糖尿病デーとは?

1-1. 世界糖尿病デーとは?

糖尿病」の全世界的脅威を認知するための国際デーです。
以前は国際糖尿病連合(IDF)と世界保健機関(WHO)が定めていた記念日でしたが、2006年12月20日に世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するため、国連にて「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択され、そして世界糖尿病デーが国連の記念日として認定されました。
この「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」は192カ国の全会一致で採択されました。

1-2. 世界糖尿病デーは何日?いつ?

世界糖尿病デーは「糖尿病」の治療で用いられることがあるインスリンを発見したカナダのバンティング医師の誕生日から、11月14日に決められました。

1-3. 世界有数の疾患啓発の日 世界糖尿病デー

世界糖尿病デーは現在世界160カ国10億人以上が参加する、世界でも有数の疾患啓発の日です。「糖尿病」の予防や治療の継続の重要性を患者さんやその家族、関係者に伝える重要な機会となるキャンペーンが世界各地で行われています。

1-4. 世界糖尿病デーのシンボルマーク 「ブルーサークル」

世界糖尿病デーのシンボルはブルーサークルです。世界中で「糖尿病」の疾患啓発、予防、治療促進のイベントなどに活用されています。

(引用)
世界糖尿病デーのキャンペーンには、青い丸をモチーフにした「ブルーサークル」が用いられますが、これは、「糖尿病」に関する国連決議が採択された翌年2007年から使われるシンボルマークです。国連やどこまでも続く空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」をデザインし、”Unite for Diabetes”(「糖尿病」との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズとともに、世界中で「糖尿病」抑制に向けたキャンペーンを推進しています。

1-5. ブルーライトアップ 全国各地で講演会や相談イベント

世界糖尿病デーのシンボルカラーである青が広がるイベントがブルーライトアップです。
全国各地で色々な場所や建物が青くライトアップされるイベントです。関心のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。
自分が住む県ではどこがブルーライトアップするの?という情報は、下記のリンクより公式サイトでご確認ください。

<参 考>
2016ブルーライトアップ&イベント(公式)

■ブルーライトアップ&イベントの内容
全国各地で「糖尿病を知る」「自分の身体を知る」ためのイベントが開催されます。
主に行われる内容は以下のようなものです。

1)血糖値測定
2)食事指導
3)運動指導
4)糖尿病教室
5)健康診断
6)各種相談会
7)講演会

2.各地域で開催される糖尿病関連イベント

各地域で開催される糖尿病関連イベント

各地域で開催される糖尿病関連イベント

地域によっては相談会や展示会以外にもテーマを絞った特徴的なイベントが開催されます。
イベントによっては事前予約や申し込みが必要なものもありますので、気になるイベントに関しては公式サイトより詳細をご確認ください。

2-1. テーマ:糖尿病の合併症

■青森県
日時:2016/11/13 (日)
内容:青森県栄養士会による食事指導・相談、講和「青森県は「糖尿病」・腎不全の死亡率が高い!?」
場所:新町キューブ (12:00~15:00)

■岩手県
日時:2016/11/19 (土)
内容:市民公開シンポジウム~知ってこわくない、「糖尿病」合併症~
場所:岩手県医師会館 (13:30~17:00)

■神奈川県
日時:2016/11/13 (日)
内容:市民講演会~元気に美しく生きるために「糖尿病」の合併症を学ぶ~
場所:はまぎんホールヴィアマーレ (12:00~17:00)

2-2. テーマ:食事療法関連

■愛知県
日時:2016/11/14 (月)
内容:ロ―カロリーランチコンサート
場所:ANAホテルグランドコート名古屋29F中華レストラン花梨 (12:30~14:00)

■大阪府
日時:2016/11/07 (月) ~11/18 (金)
内容:「糖尿病」デー期間限定メニュー「低カロリー健康ランチ」の販売
場所:JCHO大阪病院 (10:00~15:00)

2-3. テーマ:糖尿病と足

■三重県
日時:2016/11/15 (火)
内容:医師講演会、健康運動イベント、血糖測定、血管年齢測定、骨密度測定、フットマッサージ、医療相談
場所:三重県四日市市 ララスクエア4階休憩スペース (15:30~16:00)

■京都府
日時:2016/11/03 (木) 【講演、足の健康体操ワークショップ】
内容:「糖尿病」にかかったら?「患者のできる靴選び、フットケア」講演
場所:しんらん交流館 (13:00~16:40)

2-4. テーマ:運動療法(ウォーキングなど)関連

■東京都
日時:2016/11/14 (月)
内容:大佛ウォーク
場所:関東中央病院 (17:45~18:45)

■徳島県
日時:2016/11/05 (土)
内容:ブルーライトウォーキング
場所:阿波おどり会館

■新潟県
日時:2016/11/14 (月)
内容:ブルーサークルコンサート
場所:長岡中央綜合院内講堂 (夕方)

■神奈川県
日時:2016/11/14 (月)
内容:点灯式、神奈川県警察音楽隊による記念コンサート
場所:神奈川県庁本庁舎正面玄関 (16:45~17:20)

■熊本県
日時:2016/11/14 (月) WORLD DIABETES DAY 2016 in KUMAMOTO
内容:global diabetes walk(パレード)
場所:熊本市辛島公園 (17:00~)

3.おわりに

世界糖尿病デー2016

世界糖尿病デー2016

本エントリーでは、10周年の世界糖尿病デーと、日本で行われるイベントを紹介しました。

生活習慣病である「糖尿病」は誰にでも発症する可能性があります。「糖尿病」は放置しておくと、失明したり、壊疽で手足を切断したり、脳梗塞や心筋梗塞など命に係わる疾患につながったり・・と、実は簡単に見てはいけない疾患です。
現在治療中の方に限らず、今、「糖尿病」ではなくても、そのリスクがあったり、今後に備えて学んでおきたいと考えられる方もいるかと思います。
世界糖尿病デーや関連イベントをきっかけに「糖尿病」についてより深く知り、予防・改善につなげてみてはどうでしょうか。

 


著者紹介



本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス