糖尿病性腎症とは?人工透析が必要になると膨大な医療費も!?知っておくべき基礎知識

糖尿病性腎症とは?人工透析が必要になると膨大な医療費も!?知っておくべき基礎知識

こんにちは!Welbyメディア編集の高橋です。

腎臓(じんぞう)は体内の水分量を一定に保つために尿の量を調節したり、体内の老廃物を尿として排出したりする働きがあります。他にも血液を弱アルカリ性に保つ、電解質を調整する、活性型ビタミンDを作るなど我々の身体にとって重要な役割を担います。

つまり、腎臓は体内の調整をして健康な環境を保つために動いている臓器といえます。

体内の環境を保つ腎臓が弱まり、機能が低下すると、体内で水分がたまりすぎてしまうことによるむくみ・高血圧・低ナトリウム血症、老廃物が排出されないことによる尿毒症など多くの不調が全身に表れてきます。

もし、「腎臓病」が重症化して腎臓が機能しなくなると、身体の中の老廃物をろ過するために、人工透析での治療が必要になります。

腎臓へ影響する糖尿病合併症のひとつが「糖尿病性腎症」です。一般社団法人 全国腎臓病協議会によると、2012年には全透析患者のうち、44.1%の方が「糖尿病性腎症」が透析が必要になった原因であったと、最も大きな割合を占めているそうです。
(参考:一般社団法人全国腎臓病協会

糖尿病の合併症である「糖尿病性腎症」とはどのような病気なのでしょうか。

本エントリーでは「糖尿病性腎症」について詳しい症状や原因などを解説します!

 

1.糖尿病性腎症とは?

糖尿病性腎症とは

糖尿病性腎症とは

糖尿病」の合併症のひとつに、細い血管へ影響することで起こる細小血管障害があります。

細小血管障害の代表的な症状が、腎臓に起こる合併症・目に起こる合併症・神経に起こる合併症という3つです。この3つの症状をあわせて「糖尿病性三大合併症」とよばれます。

「糖尿病網膜症」は糖尿病性三大合併症の「腎臓に起こる合併症」です。

 

1-1. 糖尿病性腎症の原因

腎臓の中で血液を濾過し、きれいな状態にしているのが糸球体(しきゅうたい)です。糸球体の特徴は毛細血管の塊だということです。

糖尿病」により高血糖の状態が続くと、細血管障害として糸球体が傷つきます。その結果、血液を濾過する機能が正常に働かなくなり、症状が重くなると人工透析も必要となるのです。

このように「糖尿病」が原因で糸球体が傷つき、腎臓が本来の働きを行えない状態を糖尿病性腎症といいます。

 

2.糖尿病性腎症の症状

糖尿病性腎症の症状

糖尿病性腎症の症状

「糖尿病性腎症」は病気の進行状態により症状が異なるといわれています。

5つに分類される進行状態について、各種検査値と併せて紹介します。

 

2-1. 第1期:腎症前期

■基準値

検査値名 基準値(正常値)
尿アルブミン(mg/gCr) 30未満(正常アルブミン尿)
eGFR(ml/分/1.73m2) 30以上

 

■症状
・自覚症状はありません。
・尿検査の数値も、糸球体の働きも正常な状態です。

 

2-2. 第2期:早期腎症期

■基準値

検査値名 基準値(正常値)
尿アルブミン(mg/gCr) 30~299(微量アルブミン尿)
eGFR(ml/分/1.73m2) 30以上

 

■症状
・自覚症状はありません。しかし、このころから血圧が高くなり始める方もいます。
尿に微量のタンパク質が検知されます。治療でタンパク質が漏れない状態に戻すことができます。糸球体の働きは正常の範囲であることが大半です。

 

2-3. 第3期:顕性腎症期

■基準値

検査値名 基準値(正常値)
尿アルブミン(mg/gCr)
または
持続性タンパク尿(g/gCr)
300以上(顕性アルブミン尿)
or
0.5g/gCr以上
eGFR(ml/分/1.73m2) 30以上

 

■症状
・腎臓機能の低下が進むため、むくみ・食欲不振・胸の苦しさ・息切れ、などの自覚症状があります。
・糸球体に発疹などもできる段階となり、蛋白尿の検査では陽性となります。

 

2-4. 第4期:腎不全期

■基準値
eGFRが30未満の場合、尿アルブミンの値に限らず腎不全期と定義されます。

 

検査値名 基準値(正常値)
尿アルブミン(mg/gCr)
または
持続性タンパク尿(g/gCr)
eGFR(ml/分/1.73m2) 30未満

 

■症状
・自覚症状あり(腹痛・吐き気、嘔吐・筋肉や骨の痛み・顔色の悪さ・手足のしびれや痛み、など)。
・腎臓機能の低下が悪化することにより、自覚症状の種類や重さが増します。
・むくみによるネフローゼ症候群という状態になる人もいます。

 

2-5. 第5期:透析療法期

■基準値
第4期までで治療がうまくいかないと、第5期になります。

 

■症状
・自覚症状あり(腹痛・吐き気、嘔吐・筋肉や骨の痛み・顔色の悪さ・手足のしびれや痛み、など)。
・腎臓の機能が大幅に低下することにより、体内の環境を正常に保つことが難しくなります。

 

3.糖尿病性腎症の治療法

糖尿病性腎症の治療法

糖尿病性腎症の治療法

第2期までは治療により第1期の状態へ戻すことも可能だといわれています。

しかし、第3期になると進行を遅くするための治療が基本となり、第2期へ戻すということは難しくなります。そのため尿に微量のたんぱく質を確認できた初期段階で血糖コントロールを厳格に行うことが重要です。

 

■第1期:腎症前期
血糖値をコントロールする
・食事は健康的になるよう留意する
・塩分を控え、「高血圧」に備える

 

■第2期:早期腎症期
・“厳格”に血糖値をコントロールする
・血清脂質(LDLコレステロールHDLコレステロール中性脂肪)を管理する
・血圧を管理する、高血圧の治療をする

 

■第3期:顕性腎症期
・“厳格”に血糖値をコントロールする
・血清脂質(LDLコレステロールHDLコレステロール中性脂肪)を管理する
・血圧を管理する
・食塩の摂取制限をする
・タンパク質の摂取制限をする
・身体のむくみを抑える

 

■第4期:腎不全期
・血清脂質(LDLコレステロールHDLコレステロール中性脂肪)を管理する
・血圧を管理する
・食塩の摂取制限をする
・タンパク質の摂取制限をする
・必要に応じて透析治療の準備を行う

 

■第5期:透析療法期
・生命を守るために機械を使った透析治療を行います。
・または、腎臓移植が必要になる場合もあります。

(参考:糖尿病性腎症合同委員会 糖尿病性腎症病期分類の改訂について

 

4.おわりに

「糖尿病性腎症」の症状や原因などについて解説しました。
糖尿病」を発症した際には、同時に「腎症」へも意識を向けることが重要です。
合併症により発症した腎症は、透析治療の原因となるだけではなく、他の血管疾患(「心筋梗塞」、「脳卒中」、など)も引き起こす危険があります。
尿にタンパク質が検知されてからはもちろん、検知される前から適切な血糖コントロールを行うことが重要です。

重症化して、手遅れになってしまい、透析治療を行うことになると医療費が高額になります。重症化する前に食事や運動などできることからでも少しずつ行い、自己管理をすることである程度「糖尿病性腎症」を予防することは可能だといわれています。

まずは、アプリ「Welbyマイカルテ」などはじめやすい自己管理から試してみてはいかがでしょうか。


著者紹介



本記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証したり、標ぼうするものではなく、また医師・医療従事者等による情報の提供は、個別具体的な患者に対する診断・治療行為ではありません。本メディア上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。本コンテンツに関するデータ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなどは掲載当時のものです。


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス