1型糖尿病の選手からなるプロサイクリングチーム

TNN_Pro_Action_Team_CD

1型糖尿病を持ちながらも、日々努力を続け、自身の目標に向かって突き進んでおられる方は、たくさんおられます。チーム全員が糖尿病というプロサイクリングチーム ノボ ノルディクスをご紹介します。

チーム ノボ ノルディクスの選手は、1型糖尿病を発症しましたが、スポーツの才能をもち、その夢の実現のため治療に積極的に取り組み、糖尿病をコントロールしながら、世界各地のトップレースに出場し活躍しています。

このチームが、10月19日に宇都宮で行われるアジア最大の自転車競技のひとつ「2014ジャパンカップサイクルロードレース」(http://www.japancup.gr.jp/)に参戦します。
チームの共同設立者で今回のジャパンカップにも参戦するジョー エルドリッジ選手は、「糖尿病を管理できれば、人生のどんなことにも対処できる。糖尿病があるからといってやれないことはない」といいます。

そう言えば、先日、インタビューさせていただいたエアロビックのユースの部の世界チャンピオンだった大村詠一さんも、同じようなことをおっしゃっておられました。(参照記事:「情報は最大の防御 貪欲に自分に合う主治医を探す」
Welby(ウェルビー)を設立当初より応援くださっている、1型糖尿病のエキスパート患者(私達でそう呼ばせていただいてます)の能勢謙介さんも、トライアスロンをされており、サイクリングもかなり本格的に乗っておられますが、やはり同様のことをインタビューでも語っておられます。(参照記事:「一歩踏み出す勇気を持てば、自分に合った場所が見つかる」

チーム ノボ ノルディスクのミッションは、糖尿病とともに生きる人々を元気づけ、治療に積極的に取り組み、それぞれの人生の目標に向けて生きていくことを応援することだそうです。「2014ジャパンカップサイクルロードレース」は、是非、応援したいと思います。
チーム ノボ ノルディクス サイト:http://www.club-dm.jp/tnn/

report

執筆者紹介

Welbyベアー

Welby Bear(ウェルビー ベアー)
Welby Media編集員

日々、医療者や患者さんと接しながら勉強中。
Welbyのサービスをより分かりやすく、より多くの人に伝えるために、頑張ります!


糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス