7月

蓄尿検査について

蓄尿検査について

蓄尿検査を実施することで、様々なことがわかります。一般的な尿検査では、その時の一時的な尿の濃さや激しい運動をした後などによって尿たんぱくの程度がわからないことがあります。 そこで1日(24時間)内に出た尿の量をためて、そこから1日に出た尿たんぱくを測定することで検査の精度が上がります。尿たんぱくが多いほど、腎臓の病気…

腎臓の検査

腎臓の検査

腎臓の機能を調べる検査には尿検査や血液検査があります。 まずは尿検査において検出用テープや試薬による検査を行います。ここで異常がみられたときには、尿沈渣(遠心分離機にかけて、沈殿した固形成分)を調べます。さらに、血液検査の情報も併せて、より詳しく腎臓の状態を調べていきます。 今回は、血液検査に多く用いられる①尿素窒素、…

地方自治体情報誌「つな研ナビ」7月25日号に「スマートフォンアプリークラウドサービスで健康寿命延伸」が掲載されました

一般社団法人 つながる地域づくり研究所( http://tsunaken.net/index.html )が発行する 地方自治体情報誌「つな研ナビ」7月25日号に弊社高橋が執筆した「スマートフォンアプリークラウドサービスで健康寿命延伸」が掲載されました。

腎臓の検査方法は尿検査と血液検査を用いるって知ってましたか?

腎臓の検査方法は尿検査と血液検査を用いるって知ってましたか?

腎臓の機能を調べる検査には尿検査や血液検査があり、①尿素窒素、②血清クレアチニン値、③GFR(糸球体ろ過量)、④eGFR(推算糸球体ろ過量)を用いることが多くなっています。 ■尿素窒素とクレアチニン ①尿素窒素(BUN) 正常値:8~20mg/dl …

医師認証サービス「medy」と 患者・医師コミュニケーションサービス「Welbyシェア」が連携 — ㈱日本アルトマークの「medy」医師認証サービスで Welbyシェアへの医師会員登録・ログインが可能に —

NTTドコモグループの株式会社日本アルトマーク(本社:東京都中央区、代表取締役社長:平野浩治、以下アルトマーク)と株式会社ウェルビー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:比木武、以下ウェルビー)は、アルトマークの提供する医療従事者向け会員認証サービス「medy」(※1)と、ウェルビーが提供する患者・医師コミュニケーシ…

塩野義製薬・糖尿病患者さまサポートアプリ「わたしケア」に Welbyサービスが採用 —糖尿病患者さまが“きっちり・前向きに”治療に取り組むために 「タイプ判定」「学習」「記録」ツールでサポート—

病気と向き合う人々の健康管理を支援する株式会社ウェルビー(本社:東京都千代田区、代表取締役:比木武、以下ウェルビー)が運営するクラウドサービスが、塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役:手代木功、以下塩野義製薬)の提供する、糖尿病患者さまの治療への取り組みをサポートするスマートフォン用アプリ『わたしケア』に…

腎臓病の食事例②〜外食の選び方

腎臓病の食事例②〜外食の選び方

今回は腎臓病の食事療法のうち、外食編です。 外食メニューの内容・食事量によりますが、平均的にたんぱく質と食塩量が多いため、「高たんぱく質・高塩分」の傾向があります。自分に合った上手に食べるコツを身につけましょう。 ①塩分をできる限り少なくしよう お店での食事は、塩分が含まれるしょうゆやタレをなるべく付けないようにする…

腎臓病の食事例①

腎臓病の食事例①

腎臓病の食事療法と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?イメージがつかないことが多いと思います。腎臓病の進み具合に応じて食塩やたんぱく質を制限し、ひとりひとりに見合ったエネルギーを摂取することが大切です。 腎臓病の食事療法をはじめるにあたってのポイントを記します。 ①「食事記録をつけて、どれくらいのエネルギー、たん…

夏に気を付けたい麺の塩分と控える工夫[PR:ミールタイム]

夏に気を付けたい麺の塩分と控える工夫[PR:ミールタイム]

7月のイベントと言えば七夕ですね。今年は晴れるのでしょうか。毎年、天候が悪く天の川が見られず残念な思いでおりますので、今年こそ、晴れてほしいと願っています。また、日本には行事食という素晴らしい文化があります。七夕にも、行事食があるのをご存知でしょうか。七夕の行事食は、夏に大人気の「そうめん」です。その昔、宮中にお…

糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス