3月

血糖値に悪影響が出ない風邪薬登場

血糖値に悪影響が出ない風邪薬登場

風邪のシーズンもそろそろ終盤にさしかかったが、「どうも咳だけが抜けない」という人も多いのでは? 薬局やドラッグストアで買える、市販薬(OTC)の風邪薬や咳止め薬には、dl-メチルエフェドリンなど、血糖値に悪影響を及ぼす成分が含まれているものが多いので糖尿病やその予備軍の人には注意が必要だ。先日発売になったパブロンシリ…

【宅配食活用のススメ】ぶりの照焼き献立2~糖尿病療法食~

【宅配食活用のススメ】ぶりの照焼き献立2~糖尿病療法食~

血液さらさら作用と良質のたんぱく質を含んだぶりをメインに切干大根やチキンマリネを組み合わせた献立です。 切干大根は、栄養がギュッと凝縮されているため、生の大根よりカルシウムやビタミンB1、ビタミンB2、鉄が10倍近くもあります。さらに、食物繊維もたっぷり含まれているため、血糖値の上昇を緩やかにコントロールしてくれます…

気軽に続けられるウォーキング!歩数を増やそう

気軽に続けられるウォーキング!歩数を増やそう

桜が咲き始め、日中では春らしい陽気の日が続くようになりました。春は別れと新たな始まりの季節。何か新しいことを始めたくなる季節でもありますね。 今回のテーマは運動です。「運動」と聞くと、なんらかのスポーツや、ジムでのトレーニングなどを想像し、身体を動かす習慣がない方は身構えてしまうかもしれません。しかし、歩くことも立派…

1型糖尿病のトップランナーからヴォーカルへ 今度は走りではなく、歌で想いを伝えたい 【1型糖尿病患者 中新井 美波氏】

1型糖尿病のトップランナーからヴォーカルへ 今度は走りではなく、歌で想いを伝えたい 【1型糖尿病患者 中新井 美波氏】

小学6年生で1型糖尿病を発症しながらも、陸上競技のトップアスリートとして約10年間活躍した中新井美波さん。現在は、スポーツ用品メーカー「BODYMAKER」で営業として働く傍ら、モデル業や講演活動にも精力的に取り組んでいます。 今年1月には1型糖尿患者3人で結成したバンド「1-GATA(イチガタ)」のヴォーカルとしてデ…

糖尿病で視力を失わないために気をつけたい目の変化

糖尿病で視力を失わないために気をつけたい目の変化

糖尿病は血糖値のコントロールさえうまくいけば、それほど怖い病気ではない。恐いのは「高血糖の状態が続くこと」によって起こる「神経障害」「網膜症」「腎症」の3大合併症の方だ。今回はその中で網膜症にフォーカスし、注意すべきポイントを紹介する。 ■どのくらいの人が網膜症になるの? 糖尿病性網膜症は成人の失明理由の第1位で、視…

【宅配食活用のススメ】秋鮭の塩焼き献立~糖尿病療法食~

【宅配食活用のススメ】秋鮭の塩焼き献立~糖尿病療法食~

主菜の鮭には「アスタキサンチン」、お惣菜のかぼちゃには「βカロテン」という抗酸化成分が豊富に含まれ、体内の活性酸素に働きかけます。 糖尿病は、合併症が怖い病気ですので、バランスの良い食事の中に、このような抗酸化作用のある食材を意識して摂りいれていくように心がけましょう。 ■秋鮭の塩焼き献立 [col type…

【サービスリリース】[食事アルバム(Android版)]記録写真を大きく見やすくリニューアル

【サービスリリース】[食事アルバム(Android版)]記録写真を大きく見やすくリニューアル

記録写真を見やすく、そして振り返りをより簡単にできるように[食事アルバム]をリニューアルしました。 ◆Welby食事アルバム http://www.welby.jp/service/album/ ■記録を1つのカード形式で表示 食事ごとに1枚のカード形式で表示し、写真を大きく表示ができるようになりました。 ※ポイン…

上手に活用したい塩分計

上手に活用したい塩分計

みなさんは塩分計を活用したことがありますか?塩分計とは液体や調味料などに含まれる食塩量を計測する道具で、栄養士の七つ道具のひとつです。食品成分表示にて、調味料には食塩量の表示がされることが増えました。しかし自分自身が作った料理にどれくらい塩分が含まれるのか確認したいときに塩分計で測定することは、食塩摂取量を管理したい場…

できるだけ時間は短く、回数も少なく効率よく筋肉を刺激し、脂肪燃焼につなげるのがテーマ 【医師 泰江慎太郎氏】【パーソナルトレーナー 浦野 遥氏】

できるだけ時間は短く、回数も少なく効率よく筋肉を刺激し、脂肪燃焼につなげるのがテーマ 【医師 泰江慎太郎氏】【パーソナルトレーナー 浦野 遥氏】

生活習慣病を抱える患者向けに医師、管理栄養士、パーソナルトレーナーが三位一体となったオーダーメードの治療プログラムを提供している銀座泰江内科クリニック(東京都中央区)。 前回(「何を食べたかを撮り続けられれば食事療法はほぼ成功」)の食事療法に続き、運動療法のポイントについて泰江慎太郎院長とパーソナルトレーナーの浦野遥…

2型糖尿病の人は朝食抜きで遅い夜食を食べている

2型糖尿病の人は朝食抜きで遅い夜食を食べている

日本最大規模の医療機関関係組織である全日本民主医療機関連合会(民医連)が行った調査結果から、2型糖尿病の人は一般の人に比べ、朝食の欠食率が高いことがわかった。 この調査は2012年3月時点で2型糖尿病と診断された20~40歳の患者で、調査に合意した人782人が対象。患者の内訳は男性525人、女性257人、平均年齢は34…

【宅配食活用のススメ】白身魚のフライ献立~糖尿病療法食~

【宅配食活用のススメ】白身魚のフライ献立~糖尿病療法食~

※「白身魚のフライ献立」は、販売を終了致しました。※ 大豆は「畑の肉」とも呼ばれるほど、良質なたんぱく質をたっぷり含んでいます。その他、食物繊維、カルシウム、カリウム、ビタミンB1、葉酸、鉄などさまざまな栄養素を含んでいるので、まさに優秀食材と言えます。特に食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにする働きがあるため、日…

腎臓病無料検診

腎臓病無料検診

前回は腎臓の働きについてのコラム(「高血圧と腎臓病~世界腎臓デーをご存知ですか?」)を掲載しましたが、今回は腎臓病の早期発見・早期治療についてです。 認定特定非営利活動法人 腎臓病早期発見推進機構(IKEAJイケア・ジェイ)が実施する「腎臓病無料検診」をご存知でしょうか。IKEAJでは糖尿病や高血圧症の方、腎臓病を含め…

【メディア掲載】日本シニアリビング新聞に[Welbyボイス]が紹介されました

2014年12月11日にプレスリリース配信をした調査報告「【Welbyボイス】気管支喘息患者調査 喘息患者1000名へのリサーチ結果を発表 -“治療についての情報が十分得られている”は30%未満-」が、日本シニアリビング新聞(2015年2月28日 第94号)に紹介されました。 【以下、日本シニアリビング新聞より一部抜…

糖質50%オフ、1個80kcalの 「カロリーコントロールアイス」が おいしくリニューアル

糖質50%オフ、1個80kcalの 「カロリーコントロールアイス」が おいしくリニューアル

江崎グリコの「カロリーコントロールアイス」といえば、2003年に発売された“糖質オフ”デザートの草分け的存在。もともと摂取カロリーや糖質量を抑えたい人をターゲットにした人気の商品だが、ここ数年でドラッグストアなどの販売店が増え、2014年の売り上げは発売当初の8倍になっているという。昨年のリニューアルで「よりおいしくな…

糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス