8月

患者の負担を減らすように 薬を服用しやすい環境を整える  【薬剤師 中山寛之氏】【管理栄養士 髙橋知子氏】

患者の負担を減らすように 薬を服用しやすい環境を整える 【薬剤師 中山寛之氏】【管理栄養士 髙橋知子氏】

東武東上線沿線を中心に26店の調剤薬局を展開するパル・オネスト(埼玉県富士見市)。 薬剤師の中山寛之さんが薬局長を務める「スマイル薬局」は、同社が運営する店舗の1 つです。 ここは毎日100人ほどが来店する街の薬局で、糖尿病の患者さんも多く通われています。 そうした方々を様々な面からサポートすべく、薬剤師や管理栄養士…

【外食編②レストラン・定食編】後編

【外食編②レストラン・定食編】後編

外食時はどのようなメニューを選べばいいですか? おすすめはありますか? という質問を多く受けます。 まずは、①主食(ご飯、パン、めんなど) ②主菜(魚、肉、卵、大豆製品を使用したメインのおかず) ③副菜(野菜、きのこ、海藻などを使用したおかず)を意識してみましょう。 1皿で栄養バランスが整わない場合は、単品同士を組み…

宿泊型保健指導へのデジタルプラットフォーム提供開始 ―(株)ベネフィットワン・ヘルスケアと共同で糖尿病予防と地域観光を融合―

株式会社ウェルビー(本社:東京都千代田区、代表取締役:比木武)は、株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア(本社:東京都品川区、代表取締役社長:太田努)が実施する糖尿病予備群向け宿泊型糖尿病予防プログラム『スマート・ライフ・ステイ』向けに、参加した糖尿病予備群と保健師等が共同で利用できるデジタルプラットフォームを提供いたし…

糖尿病ケトアシドーシスの自動予防へ

糖尿病ケトアシドーシスの自動予防へ

インスリンの分泌能力が低下している患者にとっての心配事の一つに、糖尿病ケトアシドーシスがあります。 アシドーシスは血液の酸性度が高くなった状態のことです。インスリン不足によってエネルギーが取り込めない状態が発生したとき、体は不足分を補おうとして脂肪や筋肉を分解してエネルギーを抽出しようとします。このときに副産物として発…

毎日の健康管理をトータルにサポートする新しいカタチ スマートフォンアプリ『まいさぽ』がWelbyのプラットフォームを採用

毎日の健康管理をトータルにサポートする新しいカタチ スマートフォンアプリ『まいさぽ』がWelbyのプラットフォームを採用

株式会社ウェルビー(本社:東京都千代田区、代表取締役:比木武、以下、ウェルビー)は、アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ガブリエル・ベルチ、以下アストラゼネカ)と小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:相良 暁、以下、小野薬品)が提供する、毎日の健康管理をトータルにサポートするス…

暑い夏はインスリン・クーラーで乗り切れ!

暑い夏はインスリン・クーラーで乗り切れ!

暑い夏はインスリンにとって大敵です。熱によってインスリンが変化し、効き目が弱くなる可能性があるからです。 これを予防するべく、インスリン・クーラーが発売されています。 今日はその最先端をいく商品をご紹介します。 ◆参考:http://www.diabetes.co.uk/travel/keeping-insulin-…

遺伝子で糖尿病リスクを把握する時代

遺伝子で糖尿病リスクを把握する時代

ヤフーは10月から一般向けに全遺伝情報(ゲノム)解析サービスを提供すると発表した。糖尿病、脳卒中など生活習慣病のほか、尿酸値・飲酒量といった体質に関する情報など、約300項目を解析する。 申込むと、ヤフーより検査キットが送られてきます。唾液を採取し、専用容器に入れて送り返すと解析結果がWEBでみられるようになるとのこ…

【外食編②レストラン・定食編】〜前編〜

【外食編②レストラン・定食編】〜前編〜

今回は、ファミリーレストランや定食屋などの外食店を利用するコツについてのお話です。 以前の記事「あなたは自炊派or外食派?」でも紹介しましたが、外食の活用で食事管理を実践するためのポイントは下記のとおりです。 自分の食事の目安量を把握する 食事の時間を決め、規則的に食事をとる 栄養成分の表示があるお店を利用 …

透析治療は「しっかり食べて、しっかり動いて、しっかり透析」 【医師 菅沼 信也氏】

透析治療は「しっかり食べて、しっかり動いて、しっかり透析」 【医師 菅沼 信也氏】

腎臓内科、透析医療のスペシャリストである菅沼医師に、前回 「腎臓病と生活習慣病」 についてお話をお伺い致しました。 今回は、引き続き透析治療についてお話をお伺い致します。 ーー 腎臓病に至る原因は様ざまあるのですね。 では、治療に関してはいかがでしょうか? 食事療法と薬物療法が基本となるのですが、食事療法では血圧が…

【アップデート情報】[まいさぽライフログ]、[まいさぽ統合版]、[Welbyマイカルテ]のデータ連携開始!

Welbyマイカルテとのデータ連携開始! [まいさぽライフログ]、[まいさぽ統合版]で入力したデータが、 [Welbyマイカルテ]にて一覧表で見られるようになりました。 1ヶ月の数値の動きを、一覧表形式で振り返ることができるため、 印刷すれば医師との診察時にもご利用いただけます。 ※PDF機能は、8月中に実装予定です…

YOKOHAMA-VOXに参加して

YOKOHAMA-VOXに参加して

横浜で半年に一回開催される1型糖尿病の集いにYOKOHAMA-VOXがあります。 7月15日に開催され、約150名の患者・サポーター・医療者が参加しました。 最初に事前に参加者から募った質問に対して、三菱商事・関西支社診療所の池田雅彦医師が 答える形で講演をしました。糖尿病患者や家族だからこそ感じる疑問や生活における…

穿刺器と血糖測定器が一体の血糖測定器実用化へ

穿刺器と血糖測定器が一体の血糖測定器実用化へ

血糖測定器の進化は近年目覚ましく進んでいます。 今回ご紹介するのはアメリカとイスラエルですでに販売が開始された、穿刺器と血糖測定器が一体となった血糖測定器です。 Darioはスマホを利用して血糖値を測定する血糖測定器です。 穿刺器、血糖測定チップ、そしてスマホのイヤホンジャックに差し込む機械部分の3つが1体になって持…

【自炊編 ②】家族と一緒の食事~コツは大皿盛りから個別盛りへ!〜

【自炊編 ②】家族と一緒の食事~コツは大皿盛りから個別盛りへ!〜

家族や親しい方を囲んでの食事はにぎやかでとても楽しいものです。 しかし、人数が多いほどおかずの品数と量が多くなり、食卓に皿が乗り切らなくなるため、大皿で盛り付けることが多くなるのではないでしょうか。 好きなおかずは多く食べることができますが、自分がどれくらい食べたのか量の把握がしにくくなり、思わず食べ過ぎてしまう原因に…

インスリン分泌のメカニズム解明が進む

インスリン分泌のメカニズム解明が進む

通常、体は血糖値を把握し、必要に応じて血糖をあげ、インスリンを分泌します。 しかし、その詳細なメカニズムはまだわかっていないことが多くあります。 今回アメリカの研究班はインスリンの分泌を管理する脳の部分を特定したと発表しました。視床下部のある部分にポストプロリン解裂酵素という酵素が少ないと高血糖状態になり、通常量ある…

糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス