7月

専門医に聞く、「スマホ、PCで自己管理」のメリットとは? 【医師 久保田 章氏】

専門医に聞く、「スマホ、PCで自己管理」のメリットとは? 【医師 久保田 章氏】

向ヶ丘久保田内科の久保田章医師。糖尿病専門医として、診療支援のアプリをいち早く取り入れ、「患者さんと一緒に考える糖尿病診療」を実践しています。デジタルツール利用が治療にどのような影響を与えるか、自己管理に役立つかについて、お話しいただきました。 ーースマホやタブレット端末に糖尿病診療支援アプリを入れ、使っている患者さ…

グループ教育は効果が大きいとの研究結果

グループ教育は効果が大きいとの研究結果

糖尿病の治療方法や社会生活との両立の仕方について、セミナー等の教育を受けることが重要であるとされています。 これまでそれは1対1の個人単位で行われることがほとんどでした。しかし、今回カナダの研究班が、グループでの教育と個別での教育を比較した結果、グループ教育でのほうがその後の血糖管理がよく、高血糖・低血糖で入院する回数…

コンタクトレンズ型血糖測定器でグーグル社、ノバルティス社と提携

コンタクトレンズ型血糖測定器でグーグル社、ノバルティス社と提携

自己採血を必要としない、非浸襲型の自己血糖測定器の開発は進められています。 その中でグーグル株式会社はコンタクトレンズ型の開発を進めることを発表しており、その進捗が今注目をされています。 今回発表されたのは、このコンタクトレンズ型血糖測定器の開発におけるノバルティス ファーマ株式会社との提携です。今後は糖尿病治療薬の…

国際糖尿病連合がブルーサークル・アプリをリリース

国際糖尿病連合がブルーサークル・アプリをリリース

毎年11月14日は世界糖尿病デーです。 それを前に国際糖尿病連合はサポーター向けアプリをリリースしました。 ◆参考:WDD Selfie App このアプリは世界糖尿病デーの象徴であるブルーサークルを取り入れた写真が撮れるアプリです。スマホを用いて手軽自分や仲間の写真を撮って共有することが可能となっています。アメリカ…

『おいしい糖尿病レシピ』本プレゼント!「糖尿病ネットワーク」で「この人に聞く」紹介!

「糖尿病ネットワーク」サイトにて、 当社ホームページの「この人に聞く」の取り組みが紹介されました。 合わせて、当社サイト「Tomokoのおいしい食事療法」などでアドバイスをいただいている 管理栄養士・加藤知子氏のインタビューも掲載されております。 ◆栄養士に聞く食事療法のヒント クラウド・アプリで療養生活を支援 ht…

医者と患者のコミュニケーション「ITを活かした診察の現場」【医師 木村那智氏】

医者と患者のコミュニケーション「ITを活かした診察の現場」【医師 木村那智氏】

名古屋市中心部で1型糖尿病や生活習慣病を専門に診療されている木村医師。 前回は、SNSを利用した患者様とのコミュニケーション(医師と患者のコミュニケーションを創る「ネット活用術」とは?)についてお伺いしました。 今回は、「ITを活かした診察の現場」についてお伺い致します。 「まずはスマホを買いましょう」 高齢者はIT…

インスリンは一種類ではない

インスリンは一種類ではない

「最近おとうさんの高血糖状態が続いているんです。」 このような相談をある専門医が受けたそうです。 このご家族は教育入院退院後、訪問医療を受けていました。 奥様が夫の食事や服薬等を熱心に管理をしており、高血糖になる理由がわからないと現場のスタッフは言っていたそうです。 スライディングスケールを用いてインスリンの投与量…

5−7時間の糖尿病患者教育プログラムを開発

5−7時間の糖尿病患者教育プログラムを開発

糖尿病発症後、教育入院をした方も多いと思います。 糖尿病について理解し、日常生活の中でどのように血糖管理をすればいいのかを学ぶにはとても重要だとされています。 ただ、入院することが負担と感じ、敬遠をする人もいることは事実です。 もっと短期間で終了する教育プログラムは開発できないか? カナダの研究機関は実験的に5〜7時…

グリセミック指数(GI)とは

グリセミック指数(GI)とは

以前の投稿『「糖質」と「糖尿病」の関係を知る』では、糖質の働きについてお話しをしましたが、今回は糖質の質についてです。同じ糖質量の食品でも、食後の血糖値を急激に上げるものもあれば、ゆっくりと上昇するものもあると述べました。食品ごとの血糖値の上がりやすさの目安を示したものが【GI=グリセミック指数(Glycemic in…

日本経済新聞 夕刊に、「Welby食事アルバム」活用事例が掲載されました。


日本経済新聞 夕刊(2014年7月17日)9面にて、
病気治療や健康管理のツールとして、 「Welby食事アルバム」をご活用いただいている実例が紹介されました。 弊社アプリをご利用いただいている医師、患者様の生の声をお聞かせいただいております。 ぜひご覧ください。 【以下、日本経済新聞より一部抜粋】 --…

医師と患者のコミュニケーションを創る「ネット活用術」とは?【医師 木村那智氏】

医師と患者のコミュニケーションを創る「ネット活用術」とは?【医師 木村那智氏】

「患者さんには、常にアンテナを高く張って貪欲に情報を集めて欲しいと願っています。多様で変化に富むリアルな生活を乗り切るための知恵は、いくらあっても足りないくらいですから。」と、ソレイユ千種クリニックの木村那智医師は語ります。 同クリニックは名古屋市中心部に位置し、1型糖尿病や生活習慣病(2型糖尿病、高血圧症、脂質異常症…

肥満が6−13年寿命を縮める?

肥満が6−13年寿命を縮める?

肥満と一口にいっても、レベルがあります。 肥満のレベルに応じて様々な疾病等が発生するリスクが高まります。 そこでBMIに応じて6段階にわけ、適切な治療をするべきだとされています。 ◆参考:医師が教える!1分ダイエット 今回発表されたある調査によれば、肥満4度になると、寿命を6.5年から13.7年縮めている可能性があ…

預けている健康情報は安全ですか?

預けている健康情報は安全ですか?

様々な企業から個人情報が漏えいがニュースとなっています。 自分の情報を有効活用してより充実したサービスを受けたいと多くの人は思っていると思います。 しかし、それと情報漏えい、悪用のリスクをどのように両立させればいいのかが今問われています。 先日14か国で行われた調査が発表されました。 個人情報を様々な企業・団体に預け…

【新機能】「Welby食事アルバム」×「Welbyシェア」がパワーアップ!

2つの改善点 「Welby食事アルバム」とクラウドサービス「Welbyシェア」に2つの機能が追加されました。 ● 写真にコメントを付けられるようになりました 写真を撮影後、コメントを入れることで、食事の補足情報やその時の状況などをメモとして残すことができます。 ● Welbyシェアで写真が拡大できるようにな…

【外食編 ① 】コンビニ活用術

【外食編 ① 】コンビニ活用術

日本全国のコンビニエンスストア店舗数は、2014年5月末では50,480店舗に及び、首都圏を中心に年々増加傾向にあります。(出典:一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会調査) また、お弁当や総菜類、飲料など種類が年々豊富になっており、野菜や果物、肉や魚など生鮮食品も取り扱う進化型コンビニもまた増加しているようです。…

糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス