6月

妊娠糖尿病とビタミンDが有効との研究結果

妊娠糖尿病とビタミンDが有効との研究結果

妊娠してから発症する妊娠糖尿病をご存知ですか? 1型、2型糖尿病とは違うもので、その原因や診断基準、治療の目的、管理方法などが全く違います。 妊娠糖尿病は胎盤から糖の代謝が悪くなるホルモンが出て、血糖値が上がりやすくなることによって生じます。 8人に1人の妊婦さんがかかるともいわれ、患者が多いのも特徴です。 ◆参考:…

糖尿病学会、SGLT2阻害薬に関する見解発表

糖尿病学会、SGLT2阻害薬に関する見解発表

SGLT2阻害薬は今年日本で発売開始になった新しいタイプの糖尿病治療薬です。 腎臓で血液からこされた血糖は、必要に応じて体に再吸収をされます。 しかし、SGLT2阻害薬はこの再吸収の働きを妨害することによって、より体内から血糖が排出されやすくします。排出される血糖量が多くなることによって、血糖値がより低く保たれやすく…

医療者や家族や仲間とつながることが治療のモチベーションに【患者 北原朋子氏】インタビュー

医療者や家族や仲間とつながることが治療のモチベーションに【患者 北原朋子氏】インタビュー

1型糖尿病患者である北原朋子さん。 前回、今どのように糖尿病患者が生活と治療のバランスを図っているかについてお話いただきました。(前回記事:自己血糖管理は自分で実験して自分で能動的に行動を選択する) 今回は現在のバランスが取れるようになった経緯についてお伺いします。 医療者のひとことがきっかけ 当初は厳密な血糖管理…

健康アプリの使用率が伸びる

健康アプリの使用率が伸びる

皆さんは健康アプリを使っていますか? 何個使っていますか? アップル社より次のiPhoneにHealthKitという健康管理機能が標準装備されることが発表されました。 Google社からも、次世代スマホに同様な機能をつけるとされています。 スマホを健康のための利用する流れはますます強まりそうな予感がします。 一方…

親が起きていると、子供が寝不足になりがちという研究結果

親が起きていると、子供が寝不足になりがちという研究結果

睡眠不足は現代病のひとつと言われています。 そしてそれは大人に限った話ではなく、子供にも広がりを見せています。 子供の睡眠不足は、成長の遅れや食欲不振・注意や集中力の低下・眠気・易疲労感などをもたらします。また、小児肥満、そしてひいては糖尿病等のリスクを高める可能性が指摘されています。 ◆参考: e-ヘルスネット …

間違えがちな糖質計算

間違えがちな糖質計算

「いつも通りインスリンをうっているのに、血糖値が高めなんですよね。」 ある患者さんが主治医に相談をしたそうです。 彼女はほぼ毎朝フレンチトーストを食べていたそうです。 しかし、その量やタイミングなどを変えていないにも関わらず、ある時から血糖値がぐーんと上がるようになったのです。 みなさんはその原因が何だと思われま…

自己血糖管理は自分で実験して自分で能動的に行動を選択する【患者 北原朋子氏】インタビュー

自己血糖管理は自分で実験して自分で能動的に行動を選択する【患者 北原朋子氏】インタビュー

1型糖尿病患者である北原朋子さん。 今回から2回にわたり糖尿病患者が生活と治療のバランスをどのようにとったらうまく糖尿病ライフを続けていけるのか、コツを教えていただきます。 「よい健康管理」はHbA1cだけでは測れない 「以前と比べてHbA1cは上がったけど、今のほうがうまく健康管理ができているのよ。」 そう語るの…

おやつは、昼食後より午後3時のほうが血糖値が上がりにくい

おやつは、昼食後より午後3時のほうが血糖値が上がりにくい

午後3時はおやつの時間。 もとはといえば1840年ごろにイギリス王室が午後に紅茶パーティを開催するようになったことが起源とされています。この習慣が1880年ごろに欧米の富裕層に広まり定着するようになってから、「3時のおやつ」が一般的になったようです。 おやつを食べるのが習慣化している今、午後に何か甘いものを食べたい…

新サービス「Welbyレポート」の中身

新サービス「Welbyレポート」のレポート内容をご紹介いたします。 ご登録いただいた皆さまには、5月分のレポートとして、6月5日に 発送しております。 分かりやすい、見やすいというお声も多くいただきましたが、グラフ に対する希望も聞いております。皆さんのお声を活かしながら、 サービスの改善に引き続き努めてまいります。 …

肥満外科手術患者の15年経過観察結果

肥満外科手術患者の15年経過観察結果

肥満にならないようにすることが一番大事ですが、すでになってしまった人にどのように対処するかも考えなければならない問題です。 その中で極度な「病的肥満」とされる方もいらっしゃいます。 このような「病的肥満」状態の人に対して外科手術を行う場合があります。 手術方法は複数ありますが、いずれにしても減量効果を早く創出するこ…

「糖質」と「糖尿病」の関係を知る

「糖質」と「糖尿病」の関係を知る

そもそも「糖質」って何? 糖質は、三大栄養素のひとつで主にエネルギー源として利用される重要な栄養素です。体内での需要は高いのですが貯蔵量は少なく、約半日のエネルギーを供給できる程度しかストックがありません。血液中の糖はほとんどが「グルコース」で、血糖値というのは血液中のグルコース濃度を指します。 グルコースを常に必要…

おしゃれな患者向けツール

糖尿病をサポートする様々な機器が開発されています。 今日はその中でおしゃれなものが2つ発売されたのでご紹介します。 おしゃれな血糖測定器 iHealth社から発売された血糖測定器はiPhoneにつなげて使用するもの。 イヤホンジャックに差し込んで使います。 ・本体 約1700円 ・測定チップ 50枚で約1250円 …

病院・学校の連携のあり方とは?

病院・学校の連携のあり方とは?

糖尿病をはじめとして、慢性疾患を持つ子供が体調管理をするためには学校でのサポートが重要とされています。 先生や保健室の理解とサポートはもちろんのこと、友人や友人の親などの理解も重要とされています。 学校のサポートを得るにあたって、様々なコミュニケーション方法が試されています。 例えば学校向けの説明資料を作成している糖…

「あなただけの糖尿病治療」は医師とのコミュニケーションから【医師 松澤陽子氏】

「あなただけの糖尿病治療」は医師とのコミュニケーションから【医師 松澤陽子氏】

医療者とともに作る、あなただけの糖尿病治療 「やりたいことができる生活」を実現するために、今知りたいこと 小さなことでもいい。医療者と生活の中の「こうしたい」を共有 ーー前回は、治療の目標として、ご自身が「やりたいこと」を医療者と共有し、適した治療法を見つけることが重要とのお話を伺いました。ただ、患者さんの中には、な…

野菜嫌いの克服法に関する研究が発表される

野菜嫌いの克服法に関する研究が発表される

野菜をたべることは健康にとって重要であることはよく知られています。 しかし、野菜嫌いのためになかなか必要量を摂れないという方も大勢います。 野菜嫌いが解消されれば、健康な生活を送りやすくなるのかもしれません。 そこで本日ご紹介したいのは野菜嫌いはいつつくられるのか、についての研究発表です。 野菜嫌いは幼児のうちに…

糖尿病や生活習慣病の患者さんのための

つながる自己管理ノート

アプリのダウンロードはこちらから

糖尿病をはじめとする生活習慣病にとりくむために、
自ら情報を得て、自ら行動し、自ら判断出来るクラウドサービス